予選Q3でオーバーテイクボタン解禁。セナの最速記録打破なるか?

シェア
コメント
予選Q3でオーバーテイクボタン解禁。セナの最速記録打破なるか?
執筆: 吉田知弘
2018/09/07 2:32

今週末、岡山国際サーキットで行われるスーパーフォーミュラ第6戦の予選Q3で、初めてオーバーテイクボタンの使用が認められる。これにより、1994年にアイルトン・セナが記録した同サーキットのレコード記録更新に期待が高まっているが……

 9月8日~9日に岡山国際サーキットで行われるスーパーフォーミュラ第6戦。その予選Q3で初めてオーバーテイクボタンの使用が認められることになり、コースレコードの更新が大きく期待されている。

 これまで、オーバーテイクボタンの使用は基本的に決勝日のみとされていた。このオーバーテイクボタン発動時には燃料の流量がアップし、エンジンパワーが20秒間アップする。これを決勝レースでは1台あたり5回使用できることになっている。

 それが今回の岡山大会のみ、新たな試みとして予選Q3で2回使用できることになった。同一ラップでの使用も可能で、1回あたり平均して0.3秒ほど未使用時と比べてラップタイムが上がると言われている。

 さらに、今年は全戦2スペックタイヤ制が導入されており、岡山では初めてソフトタイヤが登場。ミディアムタイヤと比べても約1秒程度のタイム向上が見込めるため、当日のコンディションなどすべての条件が整えば、1994年のF1パシフィックGPでアイルトン・セナ がマークした1分10秒218のコースレコードを24年ぶりに更新するのではないかと言われている。

 このオーバーテイクボタンのシステムに関しては車両がSF19に変わる2019年以降も導入されることが決定。第5戦もてぎの金曜専有走行では、こちらも新たな試みとして、オーバーテイクボタンの使用残り可能数を表示するLEDライトに、今までとは異なる色を採用。トム・ディルマン(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)とナレイン・カーティケヤン(TCS NAKAJIMA RACING)のマシンに装着し、その視認性を確認するテストも行なっていた。

 今回のように予選Q3でのオーバーテイクボタン使用というルールに関しては来シーズンを通して導入するかどうかについて、シリーズを統括する日本レースプロモーション(JRP)は、「議論はしていますが、現段階では(予選での導入に関して)何も決まっていません」と回答した。

 まずは、予選初導入となる今回の岡山大会。どんな予選Q3のバトルが展開されるのか、注目だ。ただ、天気予報は今のところ生憎の雨。願わくばドライコンディションでも、最速のスーパーフォーミュラを見たいところである。

次の スーパーフォーミュラ ニュース
「日本のドライバーのレベルは非常に高い」”SFは良い挑戦”とガスリー振り返る

前の記事

「日本のドライバーのレベルは非常に高い」”SFは良い挑戦”とガスリー振り返る

次の記事

金曜専有走行から各車ソフトタイヤを積極的に使用、石浦宏明がトップ

金曜専有走行から各車ソフトタイヤを積極的に使用、石浦宏明がトップ
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第6戦岡山
執筆者 吉田知弘
記事タイプ プレビュー