TEAM MUGEN、SFの15号車には大津弘樹を起用。パートナーにチームゴウ

TEAM MUGENは、スーパーフォーミュラの15号車のドライバーに大津弘樹を起用し、2021年シーズンを戦う。

TEAM MUGEN、SFの15号車には大津弘樹を起用。パートナーにチームゴウ

 スーパーフォーミュラに参戦するTEAM MUGENは、2021年シーズンは15号車のドライバーに大津弘樹を起用することを発表した。

 ホンダは1月にスーパーフォーミュラでホンダ/M-TECエンジンを搭載するチームの参戦体制を発表した。その際TEAM MUGENは野尻智紀が残留し、16号車をドライブすることを明らかにしたものの、15号車のドライバーについては未発表となっていた。

 そして2月19日にTEAM MUGENはプレスリリースを発行し、大津の起用を発表した。また15号車のパートナーには、ル・マン24時間総合優勝などの実績で知られるチームゴウを迎えることも合わせて発表された。チームゴウは昨年、インディカー・シリーズに参戦するアレックス・パロウをサポート。デイル・コイン・レーシングwithチームゴウとして同シリーズに参戦した。

 大津は昨年のスーパーフォーミュラ最終戦富士において、髄膜炎で欠場した牧野任祐の代役としてTCS NAKAJIMA RACINGから出場。これがSFデビュー戦となったが、今季は待望のフル参戦を果たすこととなる。なお大津は今季、スーパーGTのGT500クラスにModulo Nakajima Racingから参戦することが決定しており、国内トップカテゴリーふたつに挑むこととなる。

 

Read Also:

シェア
コメント
富士スピードウェイ、SF第1戦の前売券を発売開始。お得な“年間パス”も販売
前の記事

富士スピードウェイ、SF第1戦の前売券を発売開始。お得な“年間パス”も販売

次の記事

トムス、スーパーGT&スーパーフォーミュラの2021年カラーリングを発表

トムス、スーパーGT&スーパーフォーミュラの2021年カラーリングを発表
コメントを読み込む