スーパーフォーミュラ

第2戦予選|悪天候で大荒れの展開に……国本雄資がポールポジションを獲得

シェア
コメント
第2戦予選|悪天候で大荒れの展開に……国本雄資がポールポジションを獲得
執筆:
2019/05/19 3:40

2019スーパーフォーミュラ第2戦の予選が行われ、赤旗が断続的に出される混乱したセッションで国本雄資がポールポジションを獲得した。

 2019年の全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦オートポリス。昨日の悪天候により今朝に順延となった公式予選が行われ、国本雄資(KONDO RACING)が今季初のポールポジションを獲得した。

 当初は5月18日(土)に行われる予定だった予選は、荒天の影響で19日(日)朝に順延。本来の3ラウンド・ノックアウト方式ではなく、40分間の計時方式で行われることとなった。

 昨日の段階での天気予報だと、今日の天気は回復傾向に向かうのではないかと言われていたが、予選開始1時間前から大雨となり、昨日よりも同じか、それよりも悪いコンディションとなってしまった。また前日に匹敵するレベルの強い風も吹いていたため、セッションが無事行われるかどうか心配されたが、予選はスケジュール通り8時45分にスタートした。悪天候により赤旗が出るリスクもあってか、全車が開始直後から続々とコースインし、タイム計測へと向かった。

 しかし、開始6分のところで山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)とアーテム・マルケロフ(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)がターン9でクラッシュ。それぞれ単独でのコースオフだったのか、2台が絡んでのクラッシュだったか詳細は定かではないが、マルケロフはリヤセクション、山本はフロントセクションにダメージを受けてマシンを止めた。これにより赤旗が出され、早くもセッションが中断された。

 赤旗が出された時点で、関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が1分44秒台を記録しタイムシートのトップに躍り出たが、赤旗提示後にコントロールラインを通過していたため、このタイムは無効とされた。さらに坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING)も1分46秒770のベストタイムが関口と同じ理由により無効となった。

 これによりトップは1分47秒602を記録した国本雄資(KONDO RACING)。2番手にルーカス・アウアー(B-Max Racing with motopark)、3番手に石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)という上位陣となった。

 約20分間の中断の後、9時12分にセッションは再開。セッションの残り時間が短縮されることとなり、9時30分にチェッカーが振られることが決定した。しかし、セッションが再開して程なくして、平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が3コーナーでコースオフ。またも赤旗中断となった。平川のマシンにダメージはなかった。

 すぐにマシンが撤去され9時21分にセッションが再開されたが、直後にジェットコースター終わりの右コーナーでハリソン・ニューウェイ(B-Max Racing with motopark)がコースオフ。誰も新たにタイムを計測することができないまま、この日3度目の赤旗が掲示された。

 終了予定時刻の9時30分も目前となったが、各ドライバーはピットロードに待機し、セッション再開を待った。しかし、レースコントロールからこの赤旗をもってセッションが終了となることがアナウンスされ、国本のポールポジションが確定した。

 2番手には坪井が入り、トップフォーミュラデビュー2戦目にして初のフロントロウを獲得した。3番手には福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が入った。

次の記事
スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス|予選結果

前の記事

スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス|予選結果

次の記事

第2戦オートポリス|前代未聞の大珍事。予選正式結果が出ずに決勝スタート進行へ

第2戦オートポリス|前代未聞の大珍事。予選正式結果が出ずに決勝スタート進行へ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第2戦:オートポリス
サブイベント Qualifying
執筆者 戎井健一郎