スーパーフォーミュラ

第6戦岡山|予選Q1の組分けが決定。ランキング上位5名がA組に

シェア
コメント
第6戦岡山|予選Q1の組分けが決定。ランキング上位5名がA組に
執筆:
2019/09/27 8:59

スーパーフォーミュラ第6戦岡山における予選Q1の組分けが決定した。ポイントリーダーのニック・キャシディをはじめ、ランキング上位5名がA組に固まった。

 岡山国際サーキットで行われる2019全日本スーパーフォーミュラ選手権第6戦。今回は第3戦SUGOと同じく予選Q1を2グループに分けて行うが、その組分けが決定した。

 岡山はSUGO同様、全長の短いサーキットである。よって、20台のマシンが一斉にコースに出ると渋滞が起こり、各車が満足なアタックをできない可能性がある。そのため予選Q1を10台ずつの2グループに分け、それぞれ10分間のセッションを行うという方式が採用された。

 組分け抽選の流れはSUGO戦と同じ。「A」もしくは「B」と書かれた用紙の入った封筒が、ふたつ用意され、それを各チームふたりのドライバーが1枚ずつ選択し、開封するという方式だ。つまり、同じチームのドライバーが同組になることはない。

 抽選の結果、組分けは以下のようになった。

【A組】
山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
山下 健太(KONDO RACING)
大嶋和也(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)
パトリシオ・オワード(TEAM MUGEN)
小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)
関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)
ニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)
坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING)
ハリソン・ニューウェイ(B-Max Racing with motopark)
アレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)

【B組】
福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
国本雄資(KONDO RACING)
中山雄一(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)
野尻智紀(TEAM MUGEN)
塚越広大(REAL RACING)
平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)
中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)
石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)
ルーカス・アウアー(B-Max Racing with motopark)
牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)

 第5戦を終えてランキング上位につけるキャシディ、山本、パロウ、小林、坪井の5名が全てA組に集結するという結果となった。各組10台で争われるQ1では各組の下位4名が脱落する。結果によってはこの予選Q1が、タイトル争いの行方を大きく左右するセッションとなるかもしれない。

次の記事
「まだ伸びしろがある」初日トップの関口雄飛、ドライ路面での感触は上々

前の記事

「まだ伸びしろがある」初日トップの関口雄飛、ドライ路面での感触は上々

次の記事

第6戦岡山:土曜フリー走行|牧野任祐がトップタイムも、上位は拮抗

第6戦岡山:土曜フリー走行|牧野任祐がトップタイムも、上位は拮抗
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第6戦:岡山
執筆者 戎井健一郎