スーパーフォーミュラ

“2回目の鈴鹿”で予選3番手のアウアー「経験を積むことの大切さを知った」

シェア
コメント
“2回目の鈴鹿”で予選3番手のアウアー「経験を積むことの大切さを知った」
執筆:
2019/10/27 1:59

スーパーフォーミュラ最終戦の予選で3番手を獲得したルーカス・アウアーは、今季2回目となる鈴鹿戦で好成績を残したことで、経験を積むことを大切さを実感したと語った。

 2019全日本スーパーフォーミュラ選手権最終戦の予選で、B-Max Racing with motoparkのルーカス・アウアーは3番手を獲得した。彼はセッション後の記者会見の中で、チームへの感謝の気持ちを伝えた。

「今シーズンを振り返って、チームは素晴らしい成長を遂げたと感じている。このような結果を手に入れられたのはチームのおかげだと思うし、感謝したい」

「また、ホンダにとっても良い土曜日になったね。明日はできるだけ多くのポイントを獲得したい」

 アウアー、そしてB-Max Racingとジョイントしたモトパークにとっては、今季がスーパーフォーミュラ参戦1年目。その初戦となった開幕戦鈴鹿でアウアーは予選11番手、決勝7位という結果を残したが、この際に得られたデータが今回の予選に役立ったと話した。

「鈴鹿は開幕戦でも走っているから、その時にたくさんのデータを収集することができていて、それを参考にマシンのセッティングをした」

「確かにSUGOの予選でも3番手になったけど、あの時はQ3で赤旗が出たりして満足なアタックができないセッションだった。だから今回が今シーズン最高の予選セッションだったと思っている」

「僕たちはスーパーフォーミュラで初めてのシーズンを送っているけど、鈴鹿だけは2回目なんだ。そういう意味では、経験を積んで何をすべきかを理解することが非常に重要だと思った」

Read Also:

次の記事
SF最終戦鈴鹿:日曜フリー走行|パロウがトップタイム。ヴィップスが4番手に

前の記事

SF最終戦鈴鹿:日曜フリー走行|パロウがトップタイム。ヴィップスが4番手に

次の記事

SF初レースに臨むヴィップス「順位は気にせず出来ることをしっかりやる」

SF初レースに臨むヴィップス「順位は気にせず出来ることをしっかりやる」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第7戦:鈴鹿
ドライバー ルーカス アウアー
チーム B-Max Racing Team
執筆者 戎井健一郎