スーパーフォーミュラ

SF最終戦:決勝|野尻が5年ぶりの優勝。2位のキャシディが悲願の初王座!

シェア
コメント
SF最終戦:決勝|野尻が5年ぶりの優勝。2位のキャシディが悲願の初王座!
執筆:
2019/10/27 10:38

スーパーフォーミュラ最終戦が鈴鹿サーキットで行われ、TEAM MUGENの野尻智紀が優勝。2位に入ったVANTELIN TEAM TOM’Sのニック・キャシディがドライバーズタイトルを獲得した。

 2019全日本スーパーフォーミュラ選手権の決勝レースが鈴鹿サーキットで行われ、野尻智紀(TEAM MUGEN)が優勝した。ニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)は2位に入り、逆転で初のドライバーズタイトルを獲得した。

 2019年のスーパーフォーミュラ王者を巡る争いも、この鈴鹿戦でフィナーレを迎えた。ルーキーチャンピオンを目指すランキング3番手のアレックス・パロウは予選でポールポジションを獲得。2連覇を狙うポイントリーダーの山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)は5番グリッド、昨年の雪辱に燃えるキャシディは6番グリッドにつけた。

 午前中のフリー走行は曇り空の下で行われたが、決勝は一転して陽が差す絶好のレース日和となった。上位陣では野尻、ルーカス・アウアー(B-Max Racing with motopark)、キャシディがソフトタイヤスタートを、パロウ、福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、山本がミディアムタイヤスタートを選択した。そして予選で16番手に沈んでいた小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)は、なんとレインタイヤを装着するという奇策に出た。

 スタートの1コーナーをトップで抜けたのはパロウ。以下野尻、山本、福住、塚越広大(REAL RACING)、キャシディと続いた。アウアーは一旦ストールするような形となり、後方に沈んでしまった。

 ドライ路面をレインタイヤで走行した小林は1周目でピットイン。ソフトタイヤを履いてコースに戻っていった。キャシディは塚越、福住、山本を相次いで攻略し、3番手に上がった。

 ピットウインドウがオープンとなる7周目からは、パロウ、山本らミディアムスタートのマシンがピットイン。8周目終了時点で、全20台がソフトタイヤを装着している状態となり、上位のオーダーは野尻、キャシディ、関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)に変わった。2スペックタイヤ使用義務を果たしたドライバーの中では、8番手のパロウが先頭。山本は福住の後ろ10番手となってしまった。

 17周目、中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)とハリソン・ニューウェイ(B-Max Racing with motopark)が2コーナーで接触。開幕戦では接触リタイアとなった因縁のふたりだが、今回はともに戦列に復帰することができた。

 そんな中、パロウのペースが上がらない。キャシディや山本が1分42秒台のペースで周回する中、パロウのラップタイムは1分44秒台。18周目に福住、22周目に山本にオーバーテイクを許すと、その後もペースが上がらずにみるみると順位を落とした結果、28周目に2度目のタイヤ交換を行った。

 このレースがスーパーフォーミュラのデビュー戦となったユーリ・ヴィップス(TEAM MUGEN)は、27周目にピットインした際にエンジンストールを起こしてしまい、大きくタイムをロスしてしまった。

 残り15周前後から、ミディアムスタートのマシンが続々とピットに向かっていった。この辺りから野尻、キャシディのペースが1分43秒台後半〜1分44秒台に落ち始め、野尻は残り11周、キャシディは残り10周でピットイン。ともに福住の前でコースに戻り、実質的にトップ、2番手となった。

 残り8周でアウアーがようやくピットインし、上位は野尻、キャシディ、福住というオーダーとなった。山本は関口の後ろ5番手だ。

 野尻、キャシディのトップ2はミディアムタイヤを履いているとはいえ、磨耗したソフトタイヤを履く福住に彼らを追いかける余力は残っていなかったのか、オーバーテイクには至らず。野尻がそのままトップでチェッカーを受けた。

 そして2位でフィニッシュしたキャシディは山本を下して初のドライバーズタイトルを獲得。昨年のリベンジを果たした。一方敗れた山本はパルクフェルメ上でキャシディを祝福した後、村岡潔チーム代表と肩を寄せ合い涙を流すシーンもあった。

 決勝前はタイトルに大きく前進していたパロウだったが、結果的に19位に終わり、逆転王座とはならなかった。また、パロウは今シーズンのルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

 福住は3位に入り、スーパーフォーミュラで初の表彰台を手にした。DOCOMO TEAM DANDELION RACINGは2台が上位入賞したことにより、VANTELIN TEAM TOM’Sとの激戦を制してチームタイトルを手中に収めた。

 また、チェッカー前後にはハリソン・ニューウェイ(B-Max Racing with motopark)、牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)、小林らが続々とコース上でストップしている姿が映し出された。

2019全日本スーパーフォーミュラ選手権最終戦鈴鹿:決勝結果

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 ポイント
  Japan 野尻 智紀 Team Mugen 43 1:14'24.627     10
  New Zealand ニック キャシディ Vantelin Team TOM'S 43 1:14'27.159 02.532 02.532 8
  Japan 福住 仁嶺 DoCoMo Team Dandelion Racing 43 1:14'28.510 03.883 01.351 6
  Japan 関口 雄飛 Team Impul 43 1:14'30.881 06.254 02.371 5
  Japan 山本 尚貴 DoCoMo Team Dandelion Racing 43 1:14'43.371 18.744 12.490 4
  Japan 石浦 宏明 JMS P.mu/cerumo-INGING 43 1:14'46.756 22.129 03.385 3
  Japan 塚越 広大 Real Racing 43 1:14'56.255 31.628 09.499 2
  Japan 平川 亮 Team Impul 43 1:14'56.728 32.101 00.473 1
  Japan 山下 健太 Kondo Racing 43 1:14'57.457 32.830 00.729  
  Japan 坪井 翔 JMS P.mu/cerumo-INGING 43 1:15'09.831 45.204 12.374  
次の記事
長かった2勝目までの道のり……野尻智紀、久々の“勝利の味”にしみじみ

前の記事

長かった2勝目までの道のり……野尻智紀、久々の“勝利の味”にしみじみ

次の記事

連覇ならず……山本尚貴、村岡代表や杉崎エンジニアらと悔し涙を流す

連覇ならず……山本尚貴、村岡代表や杉崎エンジニアらと悔し涙を流す
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第7戦:鈴鹿
サブイベント Race
執筆者 戎井健一郎