スーパーフォーミュラ

SF最終戦鈴鹿:日曜フリー走行|パロウがトップタイム。ヴィップスが4番手に

シェア
コメント
SF最終戦鈴鹿:日曜フリー走行|パロウがトップタイム。ヴィップスが4番手に
執筆:
2019/10/27 0:27

スーパーフォーミュラ最終戦の日曜フリー走行が行われ、アレックス・パロウがトップタイムを記録した。

 鈴鹿サーキットで行われている2019全日本スーパーフォーミュラ選手権最終戦は、決勝日の朝を迎えた。午前8時10分から行われた30分間のフリー走行では、決勝をポールポジションからスタートするアレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)がトップタイムをマークした。

 サーキット上空は曇り空で、気温19℃、路面温度19℃というコンディション。KONDO RACINGの2台を先頭に、ほとんどのマシンがセッション開始と同時にコースインした。その後はそのままタイム計測に入る者、一旦ピットロードに戻りスタート練習を行う者に分かれ、各々が決勝に向けた確認作業を行った。

 自力でのタイトル獲得の可能性を残している山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、ニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)、アレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)は三者三様の走行となった。

 山本はまずソフトタイヤを履いてコースに。1分40秒台後半〜1分41秒台前半のラップタイムで周回した後、ミディアムタイヤに履き替えて連続周回を行った。一方のパロウはミディアムで周回を重ねた後にソフトタイヤにスイッチ。1分40秒台のタイムを連発しながら、終盤には1分39秒602というこのセッションの最速タイムをマークした。キャシディは3人の中で最もガレージ内に収まっている時間が長く、ソフトタイヤのみでタイム計測を行った。

 それぞれの順位は、パロウが1分39秒602でトップ、山本が1分40秒511で7番手、キャシディは1分40秒795で14番手となった。

 なお、予選2番手を獲得した野尻智紀(TEAM MUGEN)がこのセッションでも2番手タイムを記録し、国本雄資(KONDO RACING)がそれに続く3番手につけた。そして最大のサプライズは4番手につけたユーリ・ヴィップス(TEAM MUGEN)。今回の鈴鹿戦がスーパーフォーミュラ初走行ながら、早くも才能の片鱗を見せた。

Read Also:

【リザルト】スーパーフォーミュラ最終戦鈴鹿:日曜フリー走行タイム結果

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Spain アレックス パロウ TCS Nakajima Racing 16 01'39.602     209.887
2 Japan 野尻 智紀 Team Mugen 15 01'39.799 00.197 00.197 209.473
3 Japan 国本 雄資 Kondo Racing 14 01'40.118 00.516 00.319 208.805
4 Estonia Jüri Vips Team Mugen 16 01'40.150 00.548 00.032 208.738
5 Japan 関口 雄飛 Team Impul 13 01'40.154 00.552 00.004 208.730
6 Japan 小林 可夢偉 carrozzeria Team KCMG 14 01'40.359 00.757 00.205 208.304
7 Japan 山本 尚貴 DoCoMo Team Dandelion Racing 17 01'40.511 00.909 00.152 207.989
8 Japan 山下 健太 Kondo Racing 13 01'40.525 00.923 00.014 207.960
9 Japan 福住 仁嶺 DoCoMo Team Dandelion Racing 15 01'40.540 00.938 00.015 207.929
10 Japan 大嶋 和也 UOMO Sunoco Team LeMans 14 01'40.601 00.999 00.061 207.803
次の記事
野尻智紀はタイトル争いを掻き回す存在となるか? 予選2番手から優勝誓う

前の記事

野尻智紀はタイトル争いを掻き回す存在となるか? 予選2番手から優勝誓う

次の記事

“2回目の鈴鹿”で予選3番手のアウアー「経験を積むことの大切さを知った」

“2回目の鈴鹿”で予選3番手のアウアー「経験を積むことの大切さを知った」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第7戦:鈴鹿
サブイベント Free Practice 3
執筆者 戎井健一郎