スーパーフォーミュラ

キャシディ、悲願の初タイトルに感激「チームが僕のことを信頼してくれた結果」

シェア
コメント
キャシディ、悲願の初タイトルに感激「チームが僕のことを信頼してくれた結果」
執筆:
2019/10/27 9:29

2019年のスーパーフォーミュラ王者となったニック・キャシディは、チームが自分を信頼してくれたことが、タイトルに繋がったと語った。

 2019年のスーパーフォーミュラは、最終戦鈴鹿で2位となったニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)がドライバーズタイトルを獲得した。

 6番グリッドからスタートしたキャシディは、ソフトタイヤからミディアムタイヤに繋ぐ作戦も奏功し、2年連続でタイトル争いにおけるライバルとなった山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)に“リベンジ”することができた。

 ついに悲願を達成したキャシディ。2位でチェッカーを受けた後は、あふれる感情を抑えきれなかったようだ。

「この感覚をどう表現すればいいか分からないよ。チェッカーを受けてから(パルクフェルメに)戻ってくるまではずっと泣いていた。最後に泣いたのはいつだろう……無線でも大きい声でよく分からないことを叫んでしまった」

「今回は全てにおいて完璧なレースだったと思っている。タイトルを獲るのに十分な仕事ができたんだ」

 キャシディは今季、KONDO RACINGからVANTELIN TEAM TOM’Sへとチームを移籍した。そんな中でも、チームのメンバーと良い関係を築けたことがタイトルに繋がったと語った。

「チームは僕がエンジニア達に対して提案をしたり、マシンのフィーリングを伝えるチャンスをくれた。彼らが僕のことを信頼してくれているのは光栄なことだ。チームと一緒に協力して改善していき、タイトルを手にすることができた」

「スーパーGTも含めて、僕はチームに対してプレッシャーをかけることがある。それは決してチームに何かが足りていないという訳ではなくて、全てにおいて完璧なレースがしたいからなんだ。レースでは完璧に、限界ギリギリで戦うということが重要だと思っている。それに応えてくれたチームに感謝したい」

Read Also:

次の記事
新人ヴィップスが早くも上位へ! 躍進は“想定内”と中野信治監督が称賛

前の記事

新人ヴィップスが早くも上位へ! 躍進は“想定内”と中野信治監督が称賛

次の記事

長かった2勝目までの道のり……野尻智紀、久々の“勝利の味”にしみじみ

長かった2勝目までの道のり……野尻智紀、久々の“勝利の味”にしみじみ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第7戦:鈴鹿
ドライバー ニック キャシディ
チーム TOM'S
執筆者 戎井健一郎