スーパーフォーミュラ

大嶋和也「予選が課題」|UOMO SUNOCO TEAM LEMANSプレスリリース

シェア
コメント
大嶋和也「予選が課題」|UOMO SUNOCO TEAM LEMANSプレスリリース
2019/08/19 10:15

スーパーフォーミュラ第5戦もてぎを終え、UOMO SUNOCO TEAM LEMANSのドライバーがプレスリリースにコメントを寄せた。

 スーパーフォーミュラ第5戦もてぎで、UOMO SUNOCO TEAM LEMANSのアーテム・マルケロフは12位、大嶋和也は11位となった。

 決勝では両者ともミディアムタイヤを1周のみの使用とする2ストップ作戦を採用。マルケロフはソフトタイヤでいいペースを刻み、FIA-F2で見せていた速さの片鱗を発揮したレースとなった。また大嶋は終盤にチームメイトを追い抜くことに成功し11位でフィニッシュした。

■7号車 アーテム・マルケロフ(12位)

「マシンのフィーリングは良かったと思います。特にレース前半、1周目のピットインで履いたソフトタイヤでのスティントでは良いパフォーマンスを出せましたし、今季ここまでで最も良い内容のレースができたとも感じています。次の岡山戦でも、チームスタッフと一緒にマシンのインプルーブを続けていきたいと思います」

■8号車 大嶋和也(11位)

「決勝でのペース自体は悪くなかったと思います。戦略的にも自分たちとしては予定通りに運ぶことができたのですが、似たような作戦を採ってくるライバルもいて、クリーンエア(単独)の状態で走れずに速さを発揮しきれなかった面がありました。今週は金曜(予選前日)の走り出しのマシン状態があまりいいとはいえなくて、予選で前に行けなかったことも課題として残ったと思います。今回の流れのなかで見えてきたことをしっかり検証して次の岡山戦に臨み、また上位で戦いたいです」

次の記事
終盤に後退し5位。福住仁嶺「表彰台で終われず悔しい」|DOCOMO TEAM DANDELION RACINGプレスリリース

前の記事

終盤に後退し5位。福住仁嶺「表彰台で終われず悔しい」|DOCOMO TEAM DANDELION RACINGプレスリリース

次の記事

ファステストラップを記録したマルケロフ「次につながる良いものが見つかった」

ファステストラップを記録したマルケロフ「次につながる良いものが見つかった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第5戦:もてぎ
サブイベント Race