1日目午後:ダンディライアンのマシンに乗る福住仁嶺がトップタイム

シェア
コメント
1日目午後:ダンディライアンのマシンに乗る福住仁嶺がトップタイム
執筆: 吉田知弘
2018/12/05 10:43

2018スーパーフォーミュラ合同・ルーキーテスト。1日目午後のセッションは福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がトップタイムをマークした。

 鈴鹿サーキットで行われるスーパーフォーミュラ合同・ルーキーテスト。1日目(12月5日)午後のセッションは各車ともにタイムを伸ばし、福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がトップタイムを記録した。

 当初は14時00分〜16時00分で行われる予定だった午後のセッションだが、翌日が雨予報になっていることもあり、急遽が30分延長(14時00分~16時30分)されることになり、2日目の最終セッションが30分短縮(14時00分~16時00分)された。

 また数台のマシンは午前とドライバーを変更。UOMO SUNOCO TEAM LEMANは7号車が引き続きラルフ・アーロンが担当し、8号車にはシャルル・ミレジが乗り込んだ。B-Max Racing teamはルーカス・アウアーがドライブすることになった。さらに午前のセッションを担当したハリソン・ニューエイの父であるエイドリアン・ニューエイが、息子のサポートのためにお昼頃に鈴鹿サーキット入り。そのままスーパーフォーミュラの走りをじっくりと観察していた。

 セッション前半でトップに立ったのはニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)。午前中のトップタイムを上回る1分38秒030をマークした。その後は各チームともそれぞれのテストプログラムをこなしていたのか、タイムを上げるマシンがいなかったが、開始1時間30分を経過したところで中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)が1分37秒855を記録すると、すかざすキャシディが1分37秒757をマーク。その他のドライバーも徐々にタイムを上げ始めた。

 開始から2時間を過ぎたところで、ダニエル・ティクトゥム(TEAM MUGEN)がダンロップコーナーでコースオフ。タイヤバリヤにマシンをヒットさせてしまい、フロントウイングを破損してしまった。このマシン回収のためセッションが中断された。

 中断時間もあったため、さらに10分走行時間が延長され、16時15分にセッションが再開。すると早々にコースインした山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がタイムを伸ばし、1分37秒498でトップに浮上した。

 残り10分を切ると、各車新品タイヤを装着しタイムアタックのシミュレーションを実施。ここで速さをみせたのが福住で、1分36秒912を記録しトップに躍り出た。山本もアタックを試みたが1分37秒475でトップ更新はならなかった。

 ダンディライアン勢のワンツーで終わるかと思われたが、最後に中嶋一貴が1分37秒104を叩き出し2番手に食い込んだ。ここでセッションが終了し、福住が午後のセッションのトップ。2番手に中嶋、3番手に山本がつけた。

 またルーキー勢ではアレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)が6番手につけた。

SF鈴鹿合同・ルーキーテスト(1日目:午後)タイム結果

1.福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)/1分36秒912

2.中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)/1分37秒104

3.山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)/1分37秒475

4.山下健太(KONDO RACING)/1分37秒549

5.小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)/1分37秒651

6.アレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)/1分37秒722

7.ニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)/1分37秒731

8.関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)/1分37秒792

9.野尻智紀(TEAM MUGEN)/1分37秒816

10.石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)/1分38秒040

11.牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)/1分38秒151

12.平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)/1分38秒239

13.国本雄資(KONDO RACING)/1分38秒340

14.坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING)/1分38秒710

15.ダニエル・ティクトゥム(TEAM MUGEN)/1分39秒040

16.ルーカス・アウアー(B-Max Racing team)/1分39秒648

17.ラルフ・アーロン(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)/1分39秒658

18.シャルル・ミレジ(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)/1分40秒010

19.トリスタン・シャルパンティエ(REAL RACING)/1分40秒376

次の記事
1日目午前、平川亮がトップタイムをマーク。来季仕様のタイヤも登場

前の記事

1日目午前、平川亮がトップタイムをマーク。来季仕様のタイヤも登場

次の記事

ティクトゥムとアウアーの来季SF参戦が発表。角田は旧F3欧州にも挑戦

ティクトゥムとアウアーの来季SF参戦が発表。角田は旧F3欧州にも挑戦
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 鈴鹿合同・ルーキーテスト
サブイベント 1日目
執筆者 吉田知弘