2日目午後:ウエット路面となった最終セッションは中嶋一貴がトップ

シェア
コメント
2日目午後:ウエット路面となった最終セッションは中嶋一貴がトップ
執筆: 吉田知弘
2018/12/06 9:20

スーパーフォーミュラ鈴鹿合同・ルーキーテスト。ウエットコンディションとなった2日目午後は中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)がトップタイムを記録した。

 鈴鹿サーキットで行われたスーパーフォーミュラ鈴鹿合同・ルーキーテスト。2日目となる6日(木)午後のセッションは中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)がトップタイムをマーク。雨の影響でコンディションの変化が激しく、あまり走り込むチームがいないセッションとなった。

 このセッションでは2台のマシンがドライバーを入れ替え、B-Max Racing Teamは来季参戦が決まっているルーカス・アウアーがドライブ。UOMO SUNOCO TEAM LEMANSの8号車には今シーズン全日本F3選手権に参戦した片山義章が、この2日間で初めてステアリングを握った。

 セッション開始前から小雨がぱらつき、路面はちょい濡れの状態となった。片山を始めルーキードライバーはウエットタイヤを装着してコースインしていったが、今季レギュラーで戦っていたドライバーの多くは、コンディションが微妙ということもあり状況を見守っていた。

 しかし、雨が止み徐々に路面が乾き始めると各車が続々とコースインしていった。スリックタイヤでいち早くタイムを出したのは片山で1分42秒225を記録するが、直後にJMS P.MU/CERUMO・INGINGの石浦宏明、坪井翔のふたりが1分41秒台をマーク。これを皮切りに他のドライバーも一気にタイムを上げていった。

 開始1時間を迎えたところで速さを見せたのが、来季スーパーフォーミュラの参戦を狙っているアレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)。1分38秒677を記録しトップに浮上した。それを上回ったのが中嶋。開始から1時間15分を迎えたところで1分38秒335を叩き出した。さらに初日の総合トップだった福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)も1分38秒454で2番手につけ、2日目も好調な走りを見せた。

 セッション残り30分を切ると、再び雨が降り出し路面はウエットに。ルーキードライバーを中心にウエットタイヤを装着してコースインする場面も見られたがタイムの更新にはつながらず、そのままセッションが終了。最終セッションは中嶋がトップタイムだった。

 ルーキー勢では2日間とも速さをみせたパロウが3番手につけた。また2日目はKONDO RACINGからテストに参加したラルフ・アーロンも1分39秒台をマークするなど、上位と遜色ないタイムを記録していた。

スーパーフォーミュラ鈴鹿合同・ルーキーテスト(2日目:午後)タイム結果

1.中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)/1分38秒335

2.福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)/1分38秒454

3.アレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)/1分38秒677

4.国本雄資(KONDO RACING)/1分38秒714

5.ニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)/1分39秒279

6.関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)/1分39秒387

7.ラルフ・アーロン(KONDO RACING)/1分39秒439

8.小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)/1分39秒573

9.平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)/1分39秒642

10.坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING)/1分39秒881

11.野尻智紀(TEAM MUGEN)/1分39秒939

12.石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)/1分40秒008

13.ダニエル・ティクトゥム(TEAM MUGEN)/1分40秒422

14.ルーカス・アウアー(B-Max Racing Team)/1分40秒423

15.牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)/1分40秒433

16.アルジュン・マイニ(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)/1分40秒952

17.山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)/1分41秒250

18.片山義章(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)/1分42秒225

19.トリスタン・シャルパンティエ(REAL RACING)/1分46秒911

次の記事
初日トップの福住仁嶺「周りのことは気にせず自分たちのテストに集中」

前の記事

初日トップの福住仁嶺「周りのことは気にせず自分たちのテストに集中」

次の記事

ダンディライアンでドライブした山本尚貴「新しい引き出しが増えた」

ダンディライアンでドライブした山本尚貴「新しい引き出しが増えた」
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 鈴鹿合同・ルーキーテスト
サブイベント 2日目
執筆者 吉田知弘