SF鈴鹿合同・ルーキーテストの最終エントリーリストが発表

シェア
コメント
SF鈴鹿合同・ルーキーテストの最終エントリーリストが発表
執筆: 吉田知弘
2018/12/05 1:31

スーパーフォーミュラの鈴鹿合同・ルーキーテストの最終エントリーリストが明らかとなった。

 鈴鹿サーキットで行われているスーパーフォーミュラ合同・ルーキーテストの最終エントリーリストが発表され、「T.B.N」になっていた残り7枠が明らかとなった。

 当初から噂されていたが、ホンダエンジン勢はドライバーをシャッフルしている。DOCOMO TEAM DANDELION RACINGは山本尚貴、福住仁嶺が乗り込み、TEAM MUGENには野尻智紀とダニエル・ティクトゥムがテストに参加している。

 またトヨタエンジン勢ではKONDO RACINGは3号車に山下健太、4号車は国本雄資がテストを担当。VANTELIN TEAM TOM’Sの37号車はニック・キャシディが乗り込んでいる。

 

【鈴鹿合同・ルーキーテスト 最終エントリーリスト】

KONDO RACING

#3 山下健太

#4 国本雄資

DOCOMO TEAM DANDELION RACING

#5 山本尚貴

#6 福住仁嶺

UOMO SUNOCO TEAM LEMANS

#7シャルル・ミレシ、ラルフ・アーロン

#8 大嶋和也、片山義章

#7or8 アルジュン・マイニ

TEAM MUGEN

#15 ダニエル・ティクトゥム

#16 野尻智紀

REAL RACING

#17 トリスタン・シャルパンティエ

carrozzeria Team KCMG

#18 小林可夢偉

ITOCHU ENEX TEAM IMPUL

#19 関口雄飛

#20 平川亮

VANTELIN TEAM TOM’S

#36 中嶋一貴

#37 ニック・キャシディ

JMS P.MU/CERUMO・INGING

#38 石浦宏明

#39 坪井翔

B-Max Racing team

#50 ルーカス・アウアー、ハリソン・ニューエイ

TCS NAKAJIMA RACING

#64 アレックス・パロウ

#65 牧野任祐

次の記事
SF鈴鹿テスト「TBN」枠の詳細が判明、ホンダ勢は大シャッフルか

前の記事

SF鈴鹿テスト「TBN」枠の詳細が判明、ホンダ勢は大シャッフルか

次の記事

1日目午前、平川亮がトップタイムをマーク。来季仕様のタイヤも登場

1日目午前、平川亮がトップタイムをマーク。来季仕様のタイヤも登場
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 鈴鹿合同・ルーキーテスト
サブイベント 1日目
執筆者 吉田知弘