スーパーフォーミュラ
スーパーフォーミュラ
04 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
66 days
18 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
80 days
R
第3戦:オートポリス
16 5月
-
17 5月
次のセッションまで……
108 days
20 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
143 days
R
29 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
213 days
26 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
241 days
14 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
290 days

SF19シェイクダウンテストに登場した”未来型デバイス”。その正体判明

シェア
コメント
SF19シェイクダウンテストに登場した”未来型デバイス”。その正体判明
2018/08/03 11:30

7月上旬に富士スピードウェイで行われたスーパーフォーミュラの次期マシンSF19のシェイクダウンテスト。このドライブを担当した野尻智紀のバイザーには、見慣れないデバイスが装着されていた。

 7月上旬に富士スピードウェイで行われた、スーパーフォーミュラの時期シャシー”SF19”のシェイクダウンテスト。この時ドライブを担当した野尻智紀のヘルメットには、見慣れないデバイスが装着されていた。

 このデバイスは、ジャパンディスプレイが開発した「高透過 透明カラーディスプレイ」というモノ。これには燃費や温度などが表示される仕組みとなっており、ドライバーは目線をほとんど動かさずに、必要な情報を知ることができるという。

 この「高透過 透明カラーディスプレイ」を装着した走行テストは、今回が初めて。今後、レースで実装するすることを目指すという。

「1000分の1秒を競うスーパーフォーミュラのレースでは、ドライバーは一瞬のミスも許されない緊張感の中、様々な情報を視認し、チームとともに戦います」

 そう語るのは、今回のテストを担当したDANDELION RACINGの村岡潔監督である。

「そのような環境下で少しの視線の動きを抑えることができたら、ドライバーのストレスは大幅に減るでしょう」

「過酷なレースの現場で実験や研究を続けることで、様々な分野における高透過透明ディスプレイ技術の可能性を探っていきたいと思います」

次の記事
新車SF19はオーバーテイク促進に役立つ? 接近戦想定テストも実施

前の記事

新車SF19はオーバーテイク促進に役立つ? 接近戦想定テストも実施

次の記事

90度コーナー必見! 福住&野左根、もてぎ2&4で狙うは”勝利”のみ

90度コーナー必見! 福住&野左根、もてぎ2&4で狙うは”勝利”のみ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント SF19 Fuji testing
ドライバー 野尻 智紀
チーム Dandelion Racing