スーパーフォーミュラ

SF19は“アクションの多い”マシンにしたかった……ダラーラCEOが語る

シェア
コメント
SF19は“アクションの多い”マシンにしたかった……ダラーラCEOが語る
執筆:
2019/04/20 7:46

スーパーフォーミュラのニューマシンSF19の製造元、ダラーラアウトモビリ社のCEOは、SF19の開発時に念頭に置いていた事は“アクションの多い”マシンにすることだと語っている。

 2019シーズンのスーパーフォーミュラがいよいよ開幕を迎えた。4月20日(土)にはレースの開催に先立ち、メディア向けサタデーミーティングが実施され、新車ダラーラSF19の製造開発を担当しているダラーラアウトモビリ社CEOのアンドレア・ポントレモリ氏、そして同社でSF19の開発に関わっているマルコ・アピチェラ氏(1994年全日本F3000選手権チャンピオン)が登壇し、SF19の開発や意図について語った。

 ポントレモリCEOはSF19のデビューの場に居合わせることができとても嬉しいと語っている。そして、SF19の開発において考えていたことは“アクション”のあるマシンにしたいということだとも話していた。

「明日は20台のSF19が走るわけです。F3もダラーラシャシーなので、ダラーラに囲まれることになりますが、とても楽しみに思っています」

「開発に18ヵ月を費やしたSF19の実際の走りを明日は実際に見ることができます。JRPと共に考えていたのはよりアクションのあるマシンにすることでした。ファン、ドライバーの両方にとってエキサイティングなレースが行えるマシンとなるように開発を行ってきました」

「おそらく鈴鹿のセクター1ではF1よりも速いペースのマシンを見られるのではないかと思っています」

「それから横Gですが、ドライバーは5Gを受けて走ることになると思います。これはかなり大変でなものですが、ドライバーにとっても自分を試す場面になり、より成長し、SFから世界に羽ばたくドライバーが生まれるのではないかと思っています」

 そしてSF19の開発はJRPとの深い協力体制のもとで作り上げてきたとポントレモリCEOは言う。

「JRPとのコラボレーションによって、一からに近い状態から開発を行えたことがこのマシンにとって重要なことでした」

「FIAの安全面などでもちろん取り入れ安全なマシンにできました。そしてこれから世界へ出ていくであろうセーフティパネルや、サスペンションなどにも世界初の部分があるんです」

「JRPとの素晴らしいコラボレーションのおかげで、素晴らしいマシンを作り上げることができました。今週末は素晴らしいレースが見られると思います」

次の記事
第1戦鈴鹿|フリー走行1回目は山下健太がトップタイムを記録。マルケロフはコースオフで走行時間を失う

前の記事

第1戦鈴鹿|フリー走行1回目は山下健太がトップタイムを記録。マルケロフはコースオフで走行時間を失う

次の記事

スーパーフォーミュラ第1戦鈴鹿予選|タイム結果

スーパーフォーミュラ第1戦鈴鹿予選|タイム結果
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第1戦:鈴鹿
執筆者 永安陽介