野尻智紀、2度目のSF19テスト「”曲がり過ぎる”くらいよく曲がった」

シェア
コメント
野尻智紀、2度目のSF19テスト「”曲がり過ぎる”くらいよく曲がった」
執筆: 青山 悦子
2018/10/29 9:16

今年2回目となるSF19のテストを担当した野尻は、今回のテストはチーム主導のセットアップで行ったものであり、今後に向けて想像が膨らんだと語った。

 DOCOMO TEAM DANDELION RACINGの野尻智紀は、スーパーフォーミュラ最終戦後の鈴鹿サーキットにて、2019年より使用される『SF19』のテストを行った。

 7月に富士スピードウェイでSF19のシェイクダウンを担当した野尻にとって、今回は2回目のテストとなった。

 ただ前回とは異なり、今日のテストは終日ドライコンディションで行われた。また来シーズンより頭部保護システム『HALO』の導入が正式に決定したこともあって、野尻はこのテストで初めてHALOを装着して走行を行った。

「(シェイクダウンの時の)セットアップは、ダンディライアンの基本のセットアップではなく、HRD Sakura主導のものでした。今回はチーム主導だったので、全くイメージが違うところもあるし、(前回から)引き継いでいるところもありました」

 野尻によれば、前回のテストと比べてクルマのピーキーさが抑えられていたという。またドライビングに関しては、”曲がり過ぎるくらい、よく曲がる”とのことで、まだまだ調整の余地がありそうだ。

 なお今回のテストでは主にミディアムタイヤを使用した。ソフトタイヤを使用したのは午後のセッションの終盤だけで、ベストタイムは1分37秒397。午前と午後のセッションを合わせ、59周を走破した。

「(クルマは)曲がり過ぎるくらい曲がっていました。好き嫌いが分かれる部分もあると思うので、その辺りはこれからセットアップを調整していくところだと思います。そういうところの印象でいうと、今までの印象とさほど変わりはないです」

「ソフトタイヤでアタックをするのが初めてだったので、どのような感じなんだろうかと思いながら走りました。まずまず良いフィーリングだったかなと思います」

「テストカーだから壊せないので、リヤをはみ出すとか、そういう段階まではいっていません。それでもなんとなくのクルマの特性はわかりました。よく曲がる分、ドライビングが少し大変になるところもあるのかなと感じました」

「これが夏になった時にどう作用するのか。もしかしたらかなり(ドライビングが)難しいかもしれないし、その辺りはわかりませんが、いろいろと想像の膨らむテストになりました」

次の記事
キャシディ、惜しくもタイトルならずも「自分たちの戦いを誇りに思う」

前の記事

キャシディ、惜しくもタイトルならずも「自分たちの戦いを誇りに思う」

次の記事

小林可夢偉がSF19開発テストに参加「マシンの感覚は掴めた」

小林可夢偉がSF19開発テストに参加「マシンの感覚は掴めた」
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント SF19鈴鹿開発テスト
サブイベント テスト1日目
執筆者 青山 悦子
記事タイプ 速報ニュース