SF19トヨタ開発車両もシェイクダウン完了、初日から70周を走破

シェア
コメント
SF19トヨタ開発車両もシェイクダウン完了、初日から70周を走破
執筆: 吉田知弘
2018/07/31 10:05

スーパーフォーミュラの次期マシン「SF19」のメーカーテストが富士スピードウェイで行われ、トヨタの開発車両も無事にシェイクダウンを終えた。

 2019シーズンからスーパーフォーミュラに導入される新型マシン「SF19」のメーカーテストが、富士スピードウェイでスタート。今回はトヨタの開発車両も登場し、国本雄資がシェイクダウンを行った。

 7月上旬に行われたシェイクダウンテストの際は、2日間とも大雨に見舞われたが、今回は朝から晴天に恵まれドライコンディションでのテストとなった。

 今回はトヨタエンジンを搭載したマシンも登場。国本雄資が初日のセッションを担当し、無事にシェイクダウンを完了した。当初は#11 ホンダ開発車両だけでHALOの視認性を確認するテストが行われる予定だったが、#00 トヨタ開発車両にもHALOが取り付けられ、テストに参加。マーシャルポストで振られるフラッグや、スタートシグナルが見えるかの確認も行われた。

 また、#11 ホンダ開発車両は今回山本尚貴がドライバーを担当。午前のセッションではトラブルが出てしまい、3周しか走れなかったが、午後のセッション以降は順調にメニューをこなしていた。

 15時00分から行われたこの日最後のセッションは急きょ45分延長され、16時45分まで走行。2台ともメインストレートを一定速度で通過し、エアロ関係のデータ収集などを行っていた。

 1日目は#11 ホンダ開発車両が合計で55周を走り、1分25秒020がベストタイム。#00 トヨタ開発車両は初走行だったにも関わらず70周を走破。ベストタイムは1分25秒185となった。

 明日も午前9時からテストが行われ、13時00分~14時00分のセッションでHALOを装着してのテストが予定されている。

次の スーパーフォーミュラ ニュース
スーパーフォーミュラ次期マシンSF19、HALO装着してのテストを実施

前の記事

スーパーフォーミュラ次期マシンSF19、HALO装着してのテストを実施

次の記事

HALOのテストを行った山本尚貴「視界の影響はほとんどない」

HALOのテストを行った山本尚貴「視界の影響はほとんどない」
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント SF19 富士第2回開発テスト
サブイベント 1日目
ドライバー 国本 雄資 , 山本 尚貴
執筆者 吉田知弘
記事タイプ 速報ニュース