小林可夢偉がSF19開発テストに参加「マシンの感覚は掴めた」

シェア
コメント
小林可夢偉がSF19開発テストに参加「マシンの感覚は掴めた」
執筆: 吉田知弘
2018/10/29 10:20

鈴鹿サーキットでのスーパーフォーミュラ次期マシン『SF19』開発テストに小林可夢偉が参加。マシンの印象を語った。

 来シーズンからスーパーフォーミュラに導入される新型マシン『SF19』の開発テストに参加。1日目午後のセッションで#00 トヨタ開発車両をドライブした。

 今回、#00 トヨタ開発車両はUOMO SUNOCO TEAM LEAMANSがテストを担当することになっていたが、小林も事前にマシンの感覚をつかんでおきたいと、以前からテストドライブを志願し各方面へ直談判したとのこと。その結果、鈴鹿での1日目午後のセッションにSF19に乗るチャンスができたのだ。

 午前中のセッションで#00 トヨタ開発車両にミッショントラブルが発生し、その修復のため午後のセッションが始まってもガレージの中で作業が続けられたが、開始30分を過ぎたところでコースイン。その後は順調にメニューをこなした。

 セッション終了後にはHALOが付いた状態でのコックピット脱出訓練も行い、これまでの中では最速となる9.6秒をマークしていた。

 なお、彼がドライブするのはこのセッションのみ。「クルマ自体の感覚はわかったので、走れただけでもよかったなと思います」と語ると、初めてSF19をドライブした感想をこのように語った。

「個人的には、すごく大きく変わるかと言われたら……セッティングを合わせ込んでいけば、(SF14の動きと比べて)と近いところに行くかなと思います。フロントタイヤが太くなっている分、グリップしてくれるので、ラップタイムは多少速くなると思います」

「クルマ自体も違うし、空力特性も違うので、セッティング等も(SF14と比べて)違いますが、その辺を除けば変わりはないです。最終的にクルマのバランスを合わせて煮詰めていけば、走らせ方もそこまで変わることなないと思います」

 そう語った小林だが、フロントタイヤがワイドになったことで“よく曲がる”という印象はあったという。

「よく曲がる印象ですね。ただ、曲がりすぎてしまうから、リヤとのバランスが崩れてしまいますが、そこのバランスをうまく合わせられればなと思いました」

 また、今シーズンは第6戦岡山での2位表彰台をはじめ、要所要所で見せ場を作った小林。しかし、目標としている優勝には届かずドライバーズランキング11位に終わった。

「良いところではよかったんですけど、この鈴鹿と富士はクセモノだという印象でした。来年はそこを改善して戦えれば、チャンピオンシップは戦えるかなと思います。多分、来年は全戦出られると思うので、チャンピオンを狙いながらやっていきたいと思います」

「(優勝できなかったのは)残念ですけど、逆に勝てるレースがいっぱいあったということは、そこまで(勝てるだけのところに)きていると思います。チャンピオンとは関係ないときに勝って、いざチャンピオン争いという時にうまくいかないよりかは、(重要な場面で勝てるように)そこまで溜め込んでいると思って、頑張ろうと思います」

次の記事
野尻智紀、2度目のSF19テスト「”曲がり過ぎる”くらいよく曲がった」

前の記事

野尻智紀、2度目のSF19テスト「”曲がり過ぎる”くらいよく曲がった」

次の記事

モトパーク代表がSF最終戦を視察。来季参戦の可能性も?

モトパーク代表がSF最終戦を視察。来季参戦の可能性も?
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント SF19鈴鹿開発テスト
サブイベント テスト1日目
ドライバー 小林 可夢偉
執筆者 吉田知弘
記事タイプ 速報ニュース