最速ラップの更新なるか?鈴鹿サーキットでSF19開発テストを実施

シェア
コメント
最速ラップの更新なるか?鈴鹿サーキットでSF19開発テストを実施
執筆: 吉田知弘
2018/10/16 10:25

来シーズンからスーパーフォーミュラ導入される次期マシン「SF19」の第5回開発テストが10月29日、30日に鈴鹿サーキットで実施される。

 2019年から全日本スーパーフォーミュラ選手権に導入される次期マシン「SF19」の第5回開発テストが鈴鹿サーキットで10月29日、30日に開催。その詳細が明らかにされた。

 今年7月初旬のシェイクダウンテストを皮切りに、富士スピードウェイ、ツインリンクもてぎ、スポーツランドSUGOで開発テストを行ってきたSF19。第5回目となる今回は鈴鹿サーキットで、2018シーズン最終戦の翌日となる10月29日と30日に合計4セッションが行われることになった。

 この開発テストには、#11 ホンダ開発車両と#00 トヨタ開発車両が登場。ホンダがDOCOMO TEAM DANDELION RACING、トヨタはUOMO SUNOCO TEAM LEMANSが担当する。なお参加ドライバーについては明らかにされていない。

 各開発テストでは、非公式ながら従来のコースレコードを上回る走りをみせているSF19。コンディションが整えば、今回の鈴鹿でも国内トップフォーミュラでは前人未到となる1分34秒台のラップタイムが叩き出される可能性もありそうだ。

 また、10月28日に決勝が行われる2018全日本スーパーフォーミュラ最終戦ではSF19のデモランも行われる予定。#11 ホンダ開発車両にはインディカーで活躍する佐藤琢磨が乗り込み、#00 トヨタ開発車両にはル・マン24時間ウィナーで今季はVANTELIN TEAM TOM’Sから参戦する中嶋一貴がステアリングを握ることになっている。

 

【最終戦鈴鹿:SF19デモラン スケジュール】

10月28日(日)9時40分~10時30分

 

【第5回 SF19開発テスト スケジュール】

10月29日(月)9時15分~11時15分、14時15分~16時15分

10月30日(火)10時00分~12時00分、14時00分~16時00分

次の記事
ロッテラー、フォーミュラEの日本開催を熱望「ぜひ実現してほしい」

前の記事

ロッテラー、フォーミュラEの日本開催を熱望「ぜひ実現してほしい」

次の記事

『SF14最終決戦』例年以上に僅差のタイトル争い……その行方は?

『SF14最終決戦』例年以上に僅差のタイトル争い……その行方は?
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
ドライバー 中嶋 一貴 , 佐藤 琢磨
執筆者 吉田知弘
記事タイプ 速報ニュース