スーパーフォーミュラ次期マシンSF19が日本初走行、シェイクダウン開始

シェア
コメント
スーパーフォーミュラ次期マシンSF19が日本初走行、シェイクダウン開始
執筆: 吉田知弘
2018/07/04 2:11

2019年からスーパーフォーミュラに導入される新型マシン「SF19」が、富士スピードウェイで国内初走行を行なった。

 2019シーズンの全日本スーパーフォーミュラ選手権に導入されるダラーラ製の新型マシン「SF19」が日本に初登場。7月4日から富士スピードウェイでシェイクダウンテストが始まり、メディア陣に新型マシンが公開された。

 この日の富士スピードウェイは、朝から台風7号の影響で強い風と雨に見舞われ、本来は午前9時からテストを開始する予定だったが、雨脚が弱まるのを待ったため、コースインするのが30分ほど遅れた。

 ピットガレージには、今回シェイクダウンテストを担当するDOCOMO TEAM DANDELION RACINGのスタッフの他、JRP(日本レースプロモーション)倉下明社長をはじめ多くの関係者が集まり、国内初走行の瞬間を固唾をのんで見守っていた。

 また、平日にも関わらずグランドスタンドには熱心なファンが集まり、シェイクダウンの瞬間を今か今かと待ちわびていた。

 雨が弱まり太陽も少し出てきた9時37分に、いよいよコースイン。野尻はフルウエットになっている富士スピードウェイを動作確認のためゆっくり1周してピットに戻ってきた。

 その後、各部のチェックなどが行われ、再びコースイン。まだシェイクダウンということで本格的なペースアップは行なっていないが、SF19が国内での初走行を無事に終え、関係者からは安堵の表情が見られた。

次の記事
トム・ディルマン、第4戦富士もチームルマンから継続参戦が決定

前の記事

トム・ディルマン、第4戦富士もチームルマンから継続参戦が決定

次の記事

JRP倉下社長「オーバーテイクの機会を増やすのが一番重要」

JRP倉下社長「オーバーテイクの機会を増やすのが一番重要」
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第4戦富士
執筆者 吉田知弘