日曜フリー走行:中山雄一がトップタイム、各車ロングランメイン

シェア
コメント
日曜フリー走行:中山雄一がトップタイム、各車ロングランメイン
執筆: 吉田知弘 , Writer
2018/08/19 5:24

2018スーパーフォーミュラ第5戦もてぎ。決勝前のフリー走行が行われ、中山雄一がトップタイムを記録した。

 ツインリンクもてぎで開催中の2018スーパーフォーミュラ第5戦。決勝前に30分のフリー走行が行われ、中山雄一(carrozzeria Team KCMG)がトップタイムを記録した。

 前日とは異なり曇り空となった朝のフリー走行。気温25度、路面温度35度のドライコンディションの中でセッションがスタートした。

 基本的に決勝に向けたレースペースの確認などを行う時間のため、グリーンシグナルと同時に全19台がコースインした。特に今回は大半のマシンが1周走行後にピットに戻り、ピット出口でスタート練習を実施。その中でも印象的だったのがポールポジションの石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)。ソフトタイヤで複数回スタート練習を行なっていた。

 セッション中盤は主に決勝レースを見据えたロングランを行い、マシンバランスやタイヤの消耗具合の確認を行なっていた。今回も全体的なペースをみているとミディアムタイヤに比べてソフトタイヤの方が1秒~1.5秒近く速い印象だった。

 大きなアクシデントもなく、各車ともに順調に周回を重ねていたが、セッション残り2分というところで国本雄資(JMS P.MU/CERUMO・INGING)がヘアピンで止まりきれずコースをオフ。そのままグラベル内で止まってしまった。

 赤旗中断になることはなく、そのままセッション終了。トップタイムはセッション序盤に唯一の1分33秒台を記録した中山。1分33秒618のベストタイムを記録した。

 2番手には、今日8月19日が誕生日のニック・キャシディ(KONDO RACING)、3番手は平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)となった。

 昨日の予選でポールポジションを獲得した石浦は8番手。野尻智紀、松下信治のDOCOMO TEAM DANDELION RACING勢でロングランを中心に行なっていたせいか、18番手、19番手という結果になった。

 

スーパーフォーミュラ第5戦もてぎ:日曜フリー走行結果

1. 中山雄一(carrozzeria Team KCMG)/1:33.618

2. ニック・キャシディ(KONDO RACING)/1:34.423

3. 平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)/1:34.705

4. 大嶋和也(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)/1:34.753

5. 国本雄資(JMS P.MU / CERUMO・INGING)/1:34.918

6. 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)/1:34.946

7. 福住仁嶺(TEAM MUGEN)/1:35.110

8. 石浦宏明(JMS P.MU / CERUMO・INGING)/1:35.181

9. トム・ディルマン(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)/1:35.231

10. 千代勝正(B-Max Racing team)/1:35.277

11. ジェームス・ロシター(VANTELIN TEAM TOM’S)/1:35.297

12. 山本尚貴(TEAM MUGEN)/1:35.325

13. 塚越広大(REAL RACING)/1:35.378

14. 山下健太(KONDO RACING)/1:35.412

15. 伊沢拓也(TCS NAKAJIMA RACING)/1:35.602

16. ジョアロ・パオロ・デ・オリベイラ(VANTELIN TEAM TOM’S)/1:35.710

17. ナレイン・カーティケヤン(TCS NAKAJIMA RACING)/1:35.806

18. 野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)/1:35.944

19. 松下信治(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)/1:36.065

次の スーパーフォーミュラ ニュース
2019年から日本でTCRレース開催へ、マネジメント会社設立

前の記事

2019年から日本でTCRレース開催へ、マネジメント会社設立

次の記事

SFもてぎ決勝速報:石浦宏明、ポール・トゥ・ウィンで今シーズン初優勝!

SFもてぎ決勝速報:石浦宏明、ポール・トゥ・ウィンで今シーズン初優勝!
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第5戦もてぎ
執筆者 吉田知弘
記事タイプ フリー走行レポート