スーパーフォーミュラ

SF初優勝の平川亮「嬉しいよりも、感謝の気持ちが大きい」

シェア
コメント
SF初優勝の平川亮「嬉しいよりも、感謝の気持ちが大きい」
執筆:
2019/08/18 12:41

スーパーフォーミュラでの初優勝を達成したITOCHU ENEX TEAM IMPULの平川亮が、レース後記者会見に応じ、その想いを語った。

 スーパーフォーミュラ第5戦ツインリンクもてぎを制したのは、ITOCHU ENEX TEAM IMPULの平川亮だった。

 レース序盤はアレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)の後方を走っていた平川だったが、そのパロウを抜くと37周目にピットイン。その後他車のピットストップにより首位に返り咲くと、最後は小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)の猛追を寄せ付けず、トップチェッカーを受けた。嬉しいスーパーフォーミュラ初優勝である。しかも平川にとっては、ようやくの今季初入賞でもあった。

「自分が嬉しいというより、感謝の気持ちの方が大きいです。これまで結果が出ていない中、チームが頑張ってくれました。そして家族やファンのみなさん、スポンサーの皆さんも信じて支えてくださったので、自信を持って今週末に臨むことができました」

 平川はレース後の記者会見でそう語った。

「初優勝できましたから、チャンピオンシップはニック(キャシディ/VANTELIN TEAM TOM’S)に譲りますが、ここから2勝3勝と積み重ねていきたいです」

 スタート直後はパロウに引き離される形となった平川。しかし序盤はペースを抑え、様子を見ていたと彼は語った。

「最初の5〜6周は彼の方が速くて……というか、僕が抑え気味に行っていました。様子を見ていたんです。そうしていたら、その後で彼のペースが落ちてきていたので、行けそうな時にプッシュして、アタックしたんですけど……抜けませんでした」

「でも、その後はあまり速くないような雰囲気に見せかけて、一気に仕掛けていきました。そこは、うまくいったと思います」

 平川は37周を走りきったところでピットインし、タイヤを交換した。これは搭載していた燃料量ギリギリのタイミングだったという。

「燃料の限界だったので、37周で入りました。僕は、軽めの燃料でスタートしていましたから。ですから、それ以上は走れないというタイミングでした」

 平川曰く、ここまでのレースでポイントを獲得できていなかったにも関わらず、今戦では金曜日の走り出しから自信を持っていたことも明かした。

「金曜日から自信がありました。クルマにも、自分のコンディションにも、自信を持つことができていたんです。いけるかなという感じはありました。確証はなかったので、誰にも言っていなかったんですが、金曜日にインタビューしてくださった方には、調子は良いと言っていました」

「今回のようなことが、毎戦できるようにしたいと思っています」

Read Also:

次の記事
ランク首位に浮上! キャシディ「クリーンエアの中を走り続けるのが作戦だった」

前の記事

ランク首位に浮上! キャシディ「クリーンエアの中を走り続けるのが作戦だった」

次の記事

山本尚貴、ランキング首位陥落「自分の弱さを再認識した」

山本尚貴、ランキング首位陥落「自分の弱さを再認識した」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第5戦:もてぎ
サブイベント Race
ドライバー 平川 亮
チーム Impul
執筆者 田中健一