いよいよ最終決戦。キャシディ、石浦、山本がそれぞれの胸中を明かす

シェア
コメント
いよいよ最終決戦。キャシディ、石浦、山本がそれぞれの胸中を明かす
執筆: 青山 悦子
2018/10/26 10:50

2018スーパーフォーミュラ最終戦を前に、自力タイトルの可能性を持つキャシディ、石浦、山本が記者会見に出席し、それぞれの心境を語った。

 2018スーパーフォーミュラ最終戦第17回JAF鈴鹿グランプリの開幕を目前に控え、ニック・キャシディ(KONDO RACING)、石浦宏明(JMS P.MU / CERUMO・INGING)、山本尚貴(TEAM MUGEN)の3名が金曜記者会見に登場した。

 今シーズンの最終戦を前に、タイトルを獲得できる可能性を持つドライバーは5名。そのうち、自力でタイトルを掴むことができるのは上記の3名だ。記者会見に出席したキャシディ、石浦、山本はこれまでの戦いと、最終戦に向けた想いを語った。

 まずは、現在29ポイントを獲得してランキング首位に立つキャシディ。ここまでの6レースを振り返り、完璧なシーズンだったと述べた。

「ミスひとつない素晴らしいシーズンになったと思う。そして今週末もミスのない週末にしたい」

「振り返ってみても、いちばん悔しかったのはオートポリスかな(第2戦は悪天候のため決勝レース中止)。だけど、それはもう過ぎたことだ」

 キャシディを4ポイント差で追いかけるランキング2位の石浦は、一時はタイトルの望みはないと考えていたという。ただ、現時点では”順調”だと落ち着いた様子を見せた。

「今年は開幕3戦を終えた段階で全然ポイントが獲れていなくて、SUGOもノーポイントでしたし、ノーチャンスかなと思いました」

「でも富士から良い流れになってきて、こうやって最終戦でチャンピオンシップを争って記者会見に来れているという段階にいます。ここまでうまく挽回できて、チャンスを残せてよかったと思ってます」

「毎年チャンピオンシップの権利を残して最終戦に来ることを目標にやっていますので、そういう意味では順調です」

 そして、石浦とはわずか1ポイント差でランキング3位につけている山本。開幕戦、第3戦と連勝を飾ったものの、ポイントの取りこぼしがあったことを認め、タイトル争いに加わっていることはラッキーな状況だと語った。

「開幕戦、SUGOと2勝することができて、幸先の良いスタートを切ることができたんですけども、シーズン中盤は失速しましたし、ポイントの取りこぼしもありました」

「その中で最終戦を迎えるにあたって、チャンピオンシップの権利を持ち、また(タイトル争いの)渦中にいられることが正直ラッキーだなと思っている部分があります。中盤の取りこぼしがあった中で、チャンスをもらえたと思っています。こういうチャンスは何度もあるわけではないですし、毎年来るわけでもないと思っているので、何が何でも(タイトルを)獲りたいです」

 また山本は、スーパーフォーミュラと並行して参戦しているスーパーGTでも現在ランキングトップにつけており、両カテゴリーにおいてタイトル獲得の権利を持って最終戦を迎えることになる。まずは明日から始まるスーパーフォーミュラ最終戦に向けて、全力でタイトルを獲りに行くと宣言した。

「カテゴリーは違いますけど、どちらでも権利を持って最終戦を迎えられるということに対して、またそういう環境で戦わせてもらってることに対して、チームやホンダに感謝しています」

「そういう環境で走れる喜びと感謝の気持ちを持ちつつ、最後は全力で戦いチャンピオンを獲得できるように頑張りたいと思います」

 一方ディフェンディングチャンピオンの石浦は、「去年はポイントリーダーで、天候とか台風のこともあって若干緊張していたんですけど、ビハインド(の立場)だと昨年とは違って気楽な部分もあるので、最終戦は失敗を恐れずに楽しんでやりたいなと思ってます」とコメント。そしてキャシディは、「今週末はベストを尽くして頑張ります」と述べるにとどめた。

 

次の記事
金曜トップタイムの関口雄飛「いつも通りベストを尽くすだけ」

前の記事

金曜トップタイムの関口雄飛「いつも通りベストを尽くすだけ」

次の記事

平川亮「PP争いに絡み、優勝を狙いに行きたい」タイトルは意識せず

平川亮「PP争いに絡み、優勝を狙いに行きたい」タイトルは意識せず
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第7戦鈴鹿
執筆者 青山 悦子
記事タイプ 速報ニュース