トムス2019年SFカラーリング。”悲願”のタイトル獲得を目指す

シェア
コメント
トムス2019年SFカラーリング。”悲願”のタイトル獲得を目指す
2019/03/27 11:22

トムスが2019年スーパーフォーミュラのマシンカラーリングを公開。悲願のタイトル獲得を誓った。

 トムスが、2019年のスーパーフォーミュラのデザイン画を発表。中嶋一貴とニック・キャシディの新コンビで、チャンピオン獲得を狙うと誓った。

 トムスは、今季も興和株式会社がメインスポンサーを務め、”VANTELIN TEAM TOM’S”として2台のSF19を走らせる。36号車は昨年に引き続き中嶋一貴がドライブ。37号車には、今シーズンから新たにトムスに加入したニック・キャシディが乗り込む。

 カラーリングは昨年のモノを踏襲。新型のSF19になったことに伴い取り付けられたハロは、グリーンに塗られている。

 ドライバーズタイトルは2014年、チームタイトルは2015年に獲得したのを最後に、チャンピオンから遠ざかっているトムス。新しいドライバーラインアップを手に、”悲願のチャンピオン獲得”を目指すとしている。

次の記事
富士テスト2日目午後|最終セッションも赤旗続出、平川亮がトップでテストを締めくくる

前の記事

富士テスト2日目午後|最終セッションも赤旗続出、平川亮がトップでテストを締めくくる

次の記事

ユーズドのソフトタイヤで2日目総合トップ、山下健太「クルマが決まっているな!って感じ」

ユーズドのソフトタイヤで2日目総合トップ、山下健太「クルマが決まっているな!って感じ」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
ドライバー 中嶋 一貴 , ニック キャシディ
チーム TOM'S
まずは最新ニュースを読む