平川亮、タイトルに届かずも悔いはなし「持てる力は発揮した」

2020スーパーフォーミュラ第7戦富士。わずかの差でチャンピオンに手が届かなかった平川亮だが、やれることはやったと語った。

平川亮、タイトルに届かずも悔いはなし「持てる力は発揮した」

 富士スピードウェイで行なわれた2020スーパーフォーミュラ第7戦。終盤まで果敢に攻め続けた平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)だが、山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)の直後である6位でフィニッシュし、チャンピオン獲得には及ばなかった。

Read Also:

 8番グリッドからスタートした平川は序盤から積極的に順位を上げ、チャンピオン争い直接の対決相手となる山本の背後につけた。両者がピットストップを終えた直後は熾烈なオーバーテイク合戦を繰り広げたが、結局は山本が前。平川は最終ラップでも山本の1秒以内まで迫りプレッシャーをかけ続けたが、ついに逆転することはできず。2ポイント差で山本に敗れ、悲願のスーパーフォーミュラ初戴冠とはならなかった。

「前がミスをしない限り抜くことはないので、できる限りのことをやっていました」

 そう語った平川。前日のフリー走行からホンダ/M-TECエンジン勢の方がストレートスピードが伸びる傾向が続いていたため、平川は少しでもそれに対抗するべくダウンフォースを削ったセッティングでレースに臨んだという。しかし、それでも彼らを上回ることはできなかった。

「けっこうダウンフォースを削るセッティングにしましたけど、ストレートでは(ホンダと比べて)ダメでしたね。そこはTRDと話をして、来年はやってくれると思います。そういうところで差が出るのは良くないと思います」

「でも今回ピット作業はすごく早かったですし、持てる力を発揮できたと思います。今年は岡山で失敗して坪井(翔/JMS P.MU/CERUMO・INGING)選手に抜かれましたし、オートポリスではタイヤ交換の準備ができていなかったということもありましたが、最後はみんながバシッと決めてくれました。それは良かったです」

 改めてシーズンを振り返った平川は、ポイントの取りこぼしと、他を圧倒するレースペースを作り上げることができなかったことが、チャンピオン争いに大きく影響したと語った。

「それこそもてぎは楽勝だったので、このままいけば全部行けるという感じでした。岡山でもポールを獲って、ピットを失敗したけど……予選は戦えた感じがありました」

「ただ、スーパーGTもそうですけど、(ポイントを)取りこぼしたらダメですね。オートポリスの予選でクラッシュしてしまったことがダメだったし……やっぱり来年は(得意な)暑い時期に全部獲らないといけないですね」

「あと課題はレースのペースです。ニック(キャシディ/VANTELIN TEAM TOM’S)を見ていると、レースはすごく速いじゃないですか。今回は自分たちとしては最後追いつけたのでそこは良かったですけど、逆にニックと戦っていたら勝てなかった。それこそ同じエンジンであそこまでいけていたので、まだまだレースに関してはできるところはあると思います。そこは色々やってみたいです」

 スーパーGTに続き、スーパーフォーミュラでもあと一歩のところでタイトル獲得とはならなかった平川だが、レース後のパルクフェルメでは真っ先に山本へ歩み寄り、健闘を讃え合い握手を交わした。

「(山本選手とのバトルは)僕もすごくウィービングしたり幅寄せしたりして、フェアだったかどうかは微妙ですけど……でも最終的には当たらずにバトルできたし、お互いの信頼関係もありますからね。そこで当たるようだったら、トップフォーミュラで戦うような選手じゃないので、そういう信頼関係含めて、良かったと思います。こうしてライバルがいるから自分たちも頑張って速くなれるので、そういう人たちがいてくれて感謝しています」

Read Also:

シェア
コメント
数々のバトルに競り勝ち3度目の戴冠、山本尚貴「ちょっと長く感じた40周だった」

前の記事

数々のバトルに競り勝ち3度目の戴冠、山本尚貴「ちょっと長く感じた40周だった」

次の記事

最後尾から怒涛の追い上げ4位で入賞、キャシディ「自分の強さは証明できたと思う」

最後尾から怒涛の追い上げ4位で入賞、キャシディ「自分の強さは証明できたと思う」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第7戦:富士
サブイベント 決勝レース
ドライバー 平川 亮
チーム Impul
執筆者 吉田知弘