スーパーフォーミュラ第6戦、開催地が岡山からもてぎに変更。開催日程も2週間後ろ倒しに

スーパーフォーミュラ第6戦の開催地が、当初の岡山国際サーキットからツインリンクもてぎに変更。これに伴い、開催日程も2週間後ろ倒しされ、10月16〜17日に開催されることになった。

スーパーフォーミュラ第6戦、開催地が岡山からもてぎに変更。開催日程も2週間後ろ倒しに

 スーパーフォーミュラを運営する日本レースプロモーション(JRP)は、今季のスーパーフォーミュラ第6戦の開催日程を10月2〜3日から10月16〜17日に変更し、さらにその開催地も当初の岡山国際サーキットではなく、ツインリンクもてぎに移すことを明らかにした。

 先日、富士スピードウェイで開幕を迎えた2021年の全日本スーパーフォーミュラ選手権。今季は全7戦のスケジュールが組まれているが、そのうち第6戦の開催が変更されることになった。

 当初はこの第6戦は、10月2〜3日にかけて岡山国際サーキットで開催される予定となっていた。しかしJRPは、日本自動車連盟(JAF)に変更を申請、承認されたことを受け、この第6戦を10月16〜17日にツインリンクもてぎで開催することを発表した。

 この変更の結果、2021年のスーパーフォーミュラは、第5戦(8月28〜29日)、第6戦の2戦連続でツインリンクもてぎでの開催となることになった。なお、併催の全日本スーパーフォーミュラ・ライツ、及びTCRジャパンについても、同様に変更されることになる。

■2021年全日本スーパーフォーミュラ選手権:開催スケジュール

第1戦 4月3〜4日:富士スピードウェイ
第2戦 4月24〜25日:鈴鹿サーキット
第3戦 5月15〜16日:オートポリス
第4戦 6月19〜20日:スポーツランドSUGO
第5戦 8月28〜29日:ツインリンクもてぎ
第6戦 10月16〜17日:ツインリンクもてぎ
第7戦 10月30〜31日:鈴鹿サーキット

 

Read Also:

シェア
コメント
坪井翔、SF開幕戦は痛恨のノーポイント「でも諦めない。鈴鹿から挽回を目指す」

前の記事

坪井翔、SF開幕戦は痛恨のノーポイント「でも諦めない。鈴鹿から挽回を目指す」

次の記事

スーパーフォーミュラ、今季岡山国際サーキットでの開催を断念。その理由は‏?

スーパーフォーミュラ、今季岡山国際サーキットでの開催を断念。その理由は‏?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ