スーパーフォーミュラ

TEAM MUGEN、SF最終戦でオワードに代わりヴィップス起用を発表

シェア
コメント
TEAM MUGEN、SF最終戦でオワードに代わりヴィップス起用を発表
2019/10/18 4:58

TEAM MUGENは、鈴鹿サーキットで行われるスーパーフォーミュラの最終戦に、レッドブル育成ドライバーのユーリ・ヴィップスを起用することを明らかにした。

 TEAM MUGENは、10月27日に鈴鹿サーキットで決勝レースが行われるスーパーフォーミュラ最終戦で、パトリシオ・オワードに代わってユーリ・ヴィップスを起用することを明らかにした。

 2019年シーズンのスーパーフォーミュラを野尻智紀とダニエル・ティクトゥムのラインアップでスタートしたTEAM MUGEN。しかし第4戦から、ティクトゥムの後任としてオワードを起用することになった。

 ティクトゥムもオワードも、レッドブルのジュニアドライバーであり、マシンもレッドブルのF1マシン同様のカラーリングとなっている。しかし、ティクトゥムは開幕戦の1ポイント、オワードも前回の岡山で3ポイントを獲得したのみ……レッドブルの期待に応えられたとは言い難い成績だった。実際ティクトゥムは、スーパーフォーミュラのシートを失うと同時に、レッドブルの育成枠からも外されている。

 そんな中、最終戦でのヴィップスの起用が明らかになった。ヴィップスもオワードやティクトゥム同様、レッドブルのジュニアドライバー。2019年シーズンはFIA F3にハイテック・レーシングから参戦し、オーストリア、イギリス、ロシアで3勝を挙げ、ランキング4位となった。

 鈴鹿サーキットで行われるスーパーフォーミュラの最終戦。ヴィップスの適応力が試される1戦となるだろう。

Read Also:

次の記事
チームルマン、SF最終戦鈴鹿もマルケロフに代わって中山雄一を起用

前の記事

チームルマン、SF最終戦鈴鹿もマルケロフに代わって中山雄一を起用

次の記事

“ニッポンのエース”山本尚貴がF1の舞台で示した『チカラ』

“ニッポンのエース”山本尚貴がF1の舞台で示した『チカラ』
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
ドライバー Jüri Vips
チーム team Mugen