モトパーク代表がSF最終戦を視察。来季参戦の可能性も?

シェア
コメント
モトパーク代表がSF最終戦を視察。来季参戦の可能性も?
執筆: Marcus Simmons
2018/10/30 3:41

F3欧州選手権で活躍してきたモトパークが、来季スーパーフォーミュラへのエントリーを検討しているようだ。

 F3欧州選手権で活躍してきたモトパークが、来季スーパーフォーミュラへのエントリーを検討しているようだ。

 ダニエル・ティクトゥムや佐藤万璃音などを擁し、F3欧州選手権で活躍してきたモトパーク。昨年はジョエル・エリクソンが、そして今年はティクトゥムがランキング2位になっているにもかかわらず、来季から新たに始まるFIA F3選手権に参加する10チームの中に、モトパークの名前はない。

 そのモトパークの代表であるティモ・ランプカイルが、先週末鈴鹿サーキットで行われたスーパーフォーミュラ最終戦を視察。来季同チームがスーパーフォーミュラに参戦するのではないかとの憶測が高まった。

 そのランプカイルは英国Autosportsに対し、鈴鹿にいたのはUOMO SUNOCO Team LeMansのトム・ディルマンをサポートするためにやってきただけだと説明した。また、スーパーフォーミュラに参戦する願望について尋ねられた際には、「ノーコメントだ」とランプカイルは語った。

 もしモトパークがスーパーフォーミュラに参戦することになっても、ディルマンが参戦するのは難しいかもしれない。ディルマンはNIOのドライバーとして、シーズン5からフォーミュラEに参戦することが決まっているからだ。

 なお、今季までメルセデスのドライバーとしてDTMに参戦していたルーカス・アウアーの姿も鈴鹿にあった。アウアーにも日本でレースすることについて尋ねたが、やはり何も語ろうとしなかった。

次の記事
小林可夢偉がSF19開発テストに参加「マシンの感覚は掴めた」

前の記事

小林可夢偉がSF19開発テストに参加「マシンの感覚は掴めた」

次の記事

SF19鈴鹿開発テスト2日目:松下信治が1分36秒台前半を記録

SF19鈴鹿開発テスト2日目:松下信治が1分36秒台前半を記録
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
執筆者 Marcus Simmons
記事タイプ 速報ニュース