第2戦オートポリス|前代未聞の大珍事。予選正式結果が出ずに決勝スタート進行へ

シェア
コメント
第2戦オートポリス|前代未聞の大珍事。予選正式結果が出ずに決勝スタート進行へ
執筆:
2019/05/19 4:56

スーパーフォーミュラの第2戦オートポリスは、日曜朝に行われた予選の正式結果が出ぬまま決勝レースに向けたスタート進行を迎えることとなった。

 オートポリスで行われたスーパーフォーミュラ第2戦。しかし、決勝スタートまで1時間を切った状態でも、予選の正式結果とグリッド表の最終版が発行されずにスタート進行を迎えるという前代未聞の事態が発生した。

 当初は土曜日に行われる予定だった予選は、悪天候のためにキャンセル。翌日曜日の朝8時45分に順延されて行われることとなった。

 その公式予選でもアクシデントが続出し、赤旗が複数回出される展開となったものの、国本雄資(KONDO RACING)がポールポジションを獲得する形でとりあえずは決着。しかしながら、11時07分に暫定結果が発行されたと同時にいくつかのチームがその結果について抗議を行った模様。これにより暫定結果の改訂版が出されることになった。この暫定版が発行されたのは13時05分と、スタートまで1時間を切った時点だった。

 通常の手順としては、暫定結果が出された後、抗議がある場合は30分以内に申し出ることになっている。つまり、最速でも30分後まで待たなければ正式結果が出ず、決勝グリッドもその後に出ることになる。

 スーパーフォーミュラの統一規則では、決勝スタートの1時間30分前にグリッド表が発表されることになっているが、前述のスケジュールの遅れにより、各チームとも何番グリッドにつかなければいけないか分からず……スタート前は大混乱となった。

 結局、決勝前に行われる8分間ウォームアップ中にモニターに表示する形でグリッドを各チームに伝えるという異例の動きが取られた。そして、予選の正式結果およびグリッド表が出たのはグリッド試走が始まった後のタイミングだった。

次の記事
第2戦予選|悪天候で大荒れの展開に……国本雄資がポールポジションを獲得

前の記事

第2戦予選|悪天候で大荒れの展開に……国本雄資がポールポジションを獲得

次の記事

スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス|決勝レース結果

スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス|決勝レース結果
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第2戦:オートポリス
執筆者 吉田知弘
まずは最新ニュースを読む