スーパーフォーミュラ次期マシンSF19、HALO装着してのテストを実施

シェア
コメント
スーパーフォーミュラ次期マシンSF19、HALO装着してのテストを実施
執筆: 吉田知弘
2018/07/31 8:19

2019年からスーパーフォーミュラに導入される次期マシン「SF19」にHALOを装着してのテストが行われた。

 7月31日、富士スピードウェイで来年からスーパーフォーミュラに導入される新型マシン「SF19」のメーカーテストがスタート。同じく導入が検討されているHALOを装着してのテストが初めて行われた。

 今回のメーカーテストでは、7月上旬にシェイクダウンを行なったホンダの開発車両に加え、トヨタの開発車両も登場。さらに導入が検討されているHALOを装着してのテスト走行も行われた。ホンダ車は2日間を通して山本尚貴が、トヨタ車は石浦宏明と国本雄資がドライバーを担当している。

 この日は13時~14時のセッションで、HALOを装着して視認性を確認するテストが実施された。13時すぎに山本が乗り込んだ #11 ホンダ開発車両にHALOが取り付けられコースイン。国内で初めてHALO付きのフォーミュラカーが走行する瞬間とあって、ピット周辺には関係者も大勢集まった。

 当初は#11 ホンダ開発車両のみでテストを行う予定だったが、13時30分ごろから #00 トヨタ開発車両もHALOを装着。国本雄資が乗り込み、テストを行った。

 セッション中には、各マーシャルポストでわざと赤旗などが出され、ドライバーが視認できているかのチェックを行ったほか、最後にはシグナルが見えるかの確認も行われた。

 明日も13時〜14時のセッションでHALOを装着して同様の確認テストが行われる予定だ。

次の スーパーフォーミュラ ニュース
SFもてぎ:WECで欠場の中嶋&小林の代役にオリベイラ、中山雄一が参戦

前の記事

SFもてぎ:WECで欠場の中嶋&小林の代役にオリベイラ、中山雄一が参戦

次の記事

SF19トヨタ開発車両もシェイクダウン完了、初日から70周を走破

SF19トヨタ開発車両もシェイクダウン完了、初日から70周を走破
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント SF19 富士第2回開発テスト
サブイベント 1日目
執筆者 吉田知弘
記事タイプ 速報ニュース