伊沢拓也の65号車、修復完了。決勝レース出走へ

シェア
コメント
伊沢拓也の65号車、修復完了。決勝レース出走へ
執筆: 吉田知弘
2018/05/27 4:13

スーパーフォーミュラ第3戦SUGO。予選日のフリー走行で大クラッシュした伊沢拓也だが、マシンの修復が完了し決勝に出走できることになった。

 スポーツランドSUGOで行われている2018スーパーフォーミュラ第3戦。予選日の朝に大クラッシュを喫した伊沢拓也(TCS NAKAJIMA RACING)だが、マシンの修復が完了し決勝レース出走が認められた。

 伊沢は予選前のフリー走行中、S字コーナーを立ち上がったところでコースオフし、イン側のガードレールにクラッシュしてしまった。この事故により65号車のフロント部分が大破し、モノコックにまでダメージが及んだ。伊沢はマシン降車後に足を痛めているような仕草をみせたが、幸いにも大きな怪我はなく、特に問題ないとのことだ。

 ただマシンのダメージは酷く、予選の出走は断念。チームはマシン修復を開始した。モノコックを交換するためほぼイチからマシンを組み上げる状態だったが、普段はスーパーGTを担当しているメカニックも急遽御殿場のファクトリーから駆け付け、NAKAJIMA RACING総動員で作業が行われた。

 そして、日曜朝のフリー走行開始時点ではマシンが完全に組み上がり、セッション開始直後にコースイン。30分のセッションで15周を走破し、ベストタイムは1分07秒691で8番手につける走りを見せた。

 大会審査委員会は9時30分に発表した公式通知で、伊沢が乗る65号車の再車検が合格したことを明らかにし、決勝出走を許可。19番グリッドからスタートする予定だ。

次の スーパーフォーミュラ ニュース
スーパーフォーミュラ第3戦SUGO決勝速報:山本尚貴が好判断で2勝目

前の記事

スーパーフォーミュラ第3戦SUGO決勝速報:山本尚貴が好判断で2勝目

次の記事

日曜FPは関口雄飛がトップタイム、クラッシュの伊沢もマシン修復完了

日曜FPは関口雄飛がトップタイム、クラッシュの伊沢もマシン修復完了

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第3戦SUGO
サブイベント 日曜日
ロケーション スポーツランドSUGO
ドライバー 伊沢 拓也
執筆者 吉田知弘
記事タイプ 速報ニュース