モースポフェスで新車SF19が揃い踏み! SFオープニングラップ開催

シェア
コメント
モースポフェスで新車SF19が揃い踏み! SFオープニングラップ開催
2019/01/07 6:05

3月2日(土)・3日(日)に鈴鹿サーキットで開催されるモースポフェスで、スーパーフォーミュラの新車SF19のデモランが開催される。

 2019年3月2日(土)・3日(日)に鈴鹿サーキットで開催される『モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~』で、スーパーフォーミュラのデモ走行開催が決定した。

 モースポフェスは、トヨタとホンダ、鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドの3社が共催するイベントで、メーカーの垣根を超えて様々なモータースポーツの魅力を伝えるとともに、クルマを運転する楽しさやクルマへの憧れ・夢を育むイベントとして2019年からスタートする。

 すでにWRC(世界ラリー選手権)、WEC(FIA世界耐久選手権)、F1(FIAフォーミュラワン世界選手権)、インディ500、EWC(FIM世界耐久選手権)などの世界で活躍するレーシングマシンが走行するなど、豪華イベントの実施が発表されている。

 スーパーフォーミュラに参戦する全チームが集まり、デモ走行を行う”SUPER FORMULAオープニングラップ”は、例年3月に鈴鹿サーキットのファン感謝デーで実施されてきた。走行日時や走行車両等の詳細はまだ発表されていないが、2019年は新型シャシーであるSF19のデビューイヤーであり、全チームが集結するこのイベントは、開幕戦を前にSF19の走行を間近で見られる貴重なチャンスとなるだろう。

 日本モータースポーツ史上最大のキックオフイベントとなることが目指されているモースポフェス2019。公式ウェブサイト(https://www.suzukacircuit.jp/msfan_s/)に掲載の招待券持参で入場は無料となる。

次の記事
SF19でオーバーテイクシステムが変更? 1秒単位の使用を検討中

前の記事

SF19でオーバーテイクシステムが変更? 1秒単位の使用を検討中

次の記事

山本尚貴がダンディライアンへ移籍、ホンダが2019SF体制を発表

山本尚貴がダンディライアンへ移籍、ホンダが2019SF体制を発表
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
まずは最新ニュースを読む