平川亮「PP争いに絡み、優勝を狙いに行きたい」タイトルは意識せず

シェア
コメント
平川亮「PP争いに絡み、優勝を狙いに行きたい」タイトルは意識せず
執筆: 青山 悦子
2018/10/26 23:47

金曜専有走行を3番手で終えた平川は、ドライバーズタイトルについては意識していないというが、優勝でシーズンを終えたいと話した。

 ITOCHU ENEX TEAM IMPULの平川亮は、金曜専有走行の結果を踏まえ、予選ではポールポジション争いに絡み、優勝を挙げてシーズンを終えたいと語った。

 平川は、最終戦の開幕を前に行われた金曜専有走行を3番手で終えた。チームメイトの関口雄飛もトップタイムを記録しており、ITOCHU ENEX TEAM IMPUL勢としては良い滑り出しのように見えた。しかし、「結果的にはそう(調子が良さそうに)見えてますけど、まだ油断はできないです。僕もまだ余力を残しているので、金曜日としては悪くないなと思います」と、彼自身は冷静な姿勢を崩さなかった。

 大雨の中で行われた前戦の岡山大会から今回に持ち越したソフトタイヤを履き、3番手の好タイムを記録してもなお”余力を残している”と明かした平川。開幕戦の鈴鹿では、予選で思うようなタイムが残せなかったというが、今回は改善を感じられたようだ。

「開幕戦は一発(のタイム)が微妙で、予選では沈みましたし、最後にスピンをしました。今日は悪くない位置にいますし、決勝のペースは良いです。予選に向けてしっかり良いところをキープして、タイムを上げていければいいのかなと思います」

 ただ、今週末はWTCR(世界ツーリングカーカップ)が併催で行われており、その影響で路面状況は悪かったという。

「路面はかなり悪いです。走り出しはコース上に砂とか石が落ちていました」

「また明日(土曜日)の朝走り出したらそういう状況になるだろうし、また予選になったらそうなって、決勝になったらまたそうなると思います」

「さっきの1時間の中でも走れば走るほど路面が良くなっていきました。予選でもQ1とQ3でコンディション変わる可能性があるので、そこは頭に入れてやらないと……いつもと違うなという印象はあります」

 平川は第5戦もてぎで2位、第6戦岡山で3位と2戦続けて表彰台を獲得している。自力でのドライバーズタイトル獲得の可能性は消滅したものの、タイトル獲得の可能性自体が消えたわけではない。

 ただ彼は、ドライバーズタイトルについてはあまり意識していないという。だがチームランキング2位のTOCHU ENEX TEAM IMPULにとって、チームタイトルの争いは熾烈だ。

「ここまでの流れで2位、3位ときているし、スーパーGTの方でも(先週末の第7戦オートポリスで)優勝したので、悪くないと思ってます」

「今日の感じも悪くないので、まずは明日しっかりポールポジション争いをして、日曜日に優勝したいという気持ちが強いです」

「ドライバーズタイトルは気にしていないです。どちらかというとチームタイトルの方で争っているので、トップを狙いながらもきちんとゴールしたいなと思っています」

 とはいえ、やはり優勝が欲しいと語り、『SF14』のラストレースでもある今週末の鈴鹿では、優勝してシーズンを終えたいと平川は語った。

「このクルマ(SF14)も最後なので。スーパーフォーミュラでだけ優勝していないので、優勝したいなと思いますし、狙いにいきたいです」

次の記事
いよいよ最終決戦。キャシディ、石浦、山本がそれぞれの胸中を明かす

前の記事

いよいよ最終決戦。キャシディ、石浦、山本がそれぞれの胸中を明かす

次の記事

懐かしいパイオニア・レッドが復活! 小林可夢偉「新鮮でいい感じです」

懐かしいパイオニア・レッドが復活! 小林可夢偉「新鮮でいい感じです」
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第7戦鈴鹿
サブイベント 金曜専有走行
執筆者 青山 悦子
記事タイプ 速報ニュース