牧野任祐、SF初の表彰台も満足せず「展開次第では勝てるチャンスもあった」

シェア
コメント
牧野任祐、SF初の表彰台も満足せず「展開次第では勝てるチャンスもあった」
執筆:

2020スーパーフォーミュラ第4戦オートポリス。参戦2年目で待望の初表彰台を獲得した牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)だが、勝てるチャンスもあったと満足した表情はみせなかった。

 オートポリスで行なわれた2020全日本スーパーフォーミュラ選手権の第4戦。3位表彰台を獲得した牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)がレースを振り返り、初の表彰台に安堵しつつも、課題も浮き彫りになるレースだったと語った。

 12番手からスタートした牧野は、ピットウインドウが開いた10周目にタイヤ交換を済ませた。これが功を奏し、13周目に導入されたセーフティカーのタイミングで他車がピットストップをしている間に5番手まで浮上。野尻智紀(TEAM MUGEN)と同様にレース終盤までステイアウトを選択した山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、ニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)、笹原右京(TEAM MUGEN)を追いかけた。

 最終的に牧野は3位でフィニッシュし、スーパーフォーミュラ参戦2年目で初の表彰台を獲得した。

 自身のデビュー戦となった2019年の開幕戦鈴鹿では、いきなりポールポジションを獲得する快挙を成し遂げ、大きな注目を集めた牧野だったが、不運に見舞われることが多く、ここまで好結果を残すことができていなかった。ようやく表彰台を獲得でき安堵の表情をみせた牧野だったが、予選がうまくいけば優勝できたかもしれないと語った。

「表彰台に乗れたのは純粋に良かったんですけど、展開次第では勝てるチャンスもあったと思うし、そういった意味では悔しい部分もあります。予選ではQ2で僕が失敗してしまって、うまくいかなかったところから、決勝では戦略も含めて良いリカバリーができたと思います」

「決勝ペースに関しては同じ条件(レース前半にピットストップを完了したメンバー)だった野尻選手に対してもかなり離されてしまいました。そういった意味では課題は多いですけど、昨年デビューしてから、うまくいきそうでいかなかった(レースが続いた)ので、表彰台という結果を得られたのは良かったです」

 次の舞台となる鈴鹿サーキットはTCS NAKAJIMA RACINGが得意としているコースのひとつ。昨年も開幕戦での牧野に続いて、同地で行なわれた最終戦では当時僚友だったアレックス・パロウがポールポジションを獲得した。さらに今年は鈴鹿でのレースが2戦続けて行なわれるため、展開次第ではここで大量得点を獲得することも可能だ。牧野は得意の鈴鹿でも好結果を掴みたいと意気込みをみせた。

「次の鈴鹿はチームとしても一番得意なサーキットだと思っています。さらに鈴鹿は(レースが)2回ありますので、しっかり頑張りたいと思います」

Read Also:

松下信治、SF代役参戦で表彰台狙えるパフォーマンスを発揮。次戦鈴鹿の参戦は「五分五分」

前の記事

松下信治、SF代役参戦で表彰台狙えるパフォーマンスを発揮。次戦鈴鹿の参戦は「五分五分」

次の記事

ピットミスがなければ18台抜き優勝もあり得た? 「勝利が見えていた」と平川亮

ピットミスがなければ18台抜き優勝もあり得た? 「勝利が見えていた」と平川亮
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第4戦:オートポリス
執筆者 吉田知弘