Team Lemansに加入の”世界クラス”エンジニア「SFはレベルが高い」

SUNOCO Team LeMansに加入した、凄腕エンジニアのスティーブ・クラーク氏は、スーパーフォーミュラのレベルの高さに驚いたと語った。

 スーパーフォーミュラ第6戦が行われているスポーツランドSUGO。毎戦土曜日メディア向けに開かれているサタデーミーティングに、SUNOCO Team LeMansに加入したばかりのエンジニア、スティーブ・クラーク氏が出席した。

 彼は、マクラーレンやメルセデス、フェラーリといったF1チームで上級エンジニアを務めていた、経験豊富な”世界クラス”の人物だ。

 彼の加入が早くもチームに好影響を与えているのか、前戦オートポリスでは見事戦略を成功させ、フェリックス・ローゼンクヴィストと大嶋和也が共に表彰台に上がっている。

「SUNOCO Team LeMansは、才能を持った人々が集まり、成長していきたいという気持ちが強い素晴らしいチームだ。一緒に仕事ができるのは光栄だし、やる気が出てくる」

 そう、クラーク氏はミーティングで語った。

「長年F1で仕事をしている中で何度も日本に来ていて、日本が好きだという感覚だったので、仕事という形で日本に戻ることができたのは嬉しく思うし、楽しみにしていた」

「(F1時代に)いろいろな仕事を共にした浜島(裕英/CERUMOINGING総監督)さんとは以前から仲良しだし、いろいろ聞いていた。フェリックスとは昨年から一緒に仕事をしていたので、今年彼がスーパーフォーミュラに参戦するという流れでSUNOCO Team LeMansを紹介してもらったんだ」

 実際にスーパーフォーミュラに携わってみての印象を聞かれたクラーク氏は「もてぎから来ているので今回が3回目になる。もちろん海外にいる頃から、スーパーGTを含めスーパーフォーミュラのことは聞いていた。その時は、GP2に近いモノかなと考えていた」と答えた。

「実際に日本に来て、全くそれとは異なると感じた。ダウンフォースやエンジンのパワー、タイヤのグリップなど、クルマの全体的なパフォーマンスが素晴らしくて、とても驚いた」

「GP2はあくまでサポートレースだから、本当に比較にならないと正直思う。スーパーフォーミュラはすごくレベルが高くて、世界をリードするような素晴らしいチャンピオンシップだ」

 ここのところ、昨年のストフェル・バンドーンや今年のピエール・ガスリー(TEAM 無限)、そしてローゼンクヴィストなど、スーパーフォーミュラには世界中から若手ドライバーの参戦が続いている。

 今後、バンドーンやガスリーのように、若手ドライバーがスーパーフォーミュラに挑戦することについてどう思うか聞かれたクラーク氏は、次のように答えた。

「(ドライバーじゃないので)難しい質問だ。GP2と比べると、若手ドライバーにとってスーパーフォーミュラはかなり難しいんじゃないかと予想している」

「スーパーフォーミュラはクルマも速いしグリップも非常に高い(ので身体的にきつい)。それに、GP2はF1に行く道の途中で若手がほとんどという形だが、スーパーフォーミュラは経験豊富な日本人ドライバーがたくさん集まっており、若手が戦うのはチャレンジングだと感じる」

「日本食が好きで、飛行機に12時間乗るのが平気だというドライバーであれば、ぜひ挑戦して欲しいと思う」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント名 第6戦SUGO
サーキット スポーツランドSUGO
記事タイプ 速報ニュース