スーパーフォーミュラ

ダブル参戦の名取鉄平、スーパーフォーミュラの決勝には出走せず。SFL第3戦に専念

シェア
コメント
ダブル参戦の名取鉄平、スーパーフォーミュラの決勝には出走せず。SFL第3戦に専念
執筆:

2020スーパーフォーミュラの開幕戦に代役参戦としてBuzz Racing with B-Maxからエントリーしている名取鉄平だが、決勝レースには出走しないことが分かった。

 ツインリンクもてぎで行なわれている全日本スーパーフォーミュラ選手権と全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権にダブルエントリーし、多忙なスケジュールをこなしている名取鉄平だが、この後のスーパーフォーミュラ第1戦決勝への出走はせず、SFライツ第3戦に集中することが分かった。

 当初はTODA RACINGからスーパーフォーミュラ・ライツのみにエントリーをする予定だったが、Buzz Racing with B-Maxのセルジオ・セッテカマラとシャルル・ミレッシが新型コロナウイルスによる入国規制の影響で来日が叶わず、急きょ50号車の代役として名取を起用することとなった。

 スーパーフォーミュラへの代役参戦は本人も強く希望をしていたのだが、金曜日から2つのカテゴリーのセッションに参加し、気温30度を超える灼熱のコンディションの中でインターバルもほとんどない状態で、そのスケジュールは過酷なモノだった。

 そして土曜日夕方に行なわれたSFライツ第1戦のレース後に名取は体調を崩してしまい、メディカルセンターに搬送される事態が発生した。

Read Also:

 約1時間後にはTODA RACINGのピットに戻り元気な姿を見せていた名取。彼は翌30日(日)の走行スケジュールもこなしていた。しかし午後にはスーパーフォーミュラの決勝(35周)があり、直後にはSFライツ第3戦(14周)に臨むというタイトなスケジュールとなっている。

 これらの状況を考慮し、名取はチームの判断で予選終了後にリタイヤ届けを提出し、スーパーフォーミュラの決勝レースへの出走は控えることとなった。これにより決勝は18台で争われることとなる。

 なお名取の体調は今のところ問題なく、SFライツ第3戦には出走する予定となっている。

Read Also:

SF第1戦 予選|平川亮が他を圧倒する速さでポールポジションを獲得

前の記事

SF第1戦 予選|平川亮が他を圧倒する速さでポールポジションを獲得

次の記事

悔しさバネに速さ発揮。PPの平川「自信を持って力を出し切ることに集中した」

悔しさバネに速さ発揮。PPの平川「自信を持って力を出し切ることに集中した」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第1戦:もてぎ
執筆者 吉田知弘