SF第3戦が稀に見るタイヤマネジメント合戦となった理由とは? キーワードは“雨量の読み”と“空気圧”

タイヤマネジメントがレース結果を大きく左右したスーパーフォーミュラ第3戦鈴鹿。稀に見る難しいコンディションとなったレースを、タイヤサプライヤーの横浜ゴムが振り返った。

Tomoki Nojiri, TEAM MUGEN

 鈴鹿サーキットで行なわれたスーパーフォーミュラ第3戦は、かつてないほどにタイヤが鍵となるレースだった。その理由について、タイヤサプライヤーである横浜ゴムの証言を基に考えていく。

 まず、決勝日の鈴鹿は雨だった。雨脚は午前中と比べると少し弱まっていたものの、路面は完全はウエットコンディションで、各車レインタイヤを履いてスタートした。

 最初の波乱が起きたのは10周前後。上位を走っていた山下健太(KONDO RACING)や坪井翔(P.MU/CERUMO・INGING)をはじめ、一部のドライバーが急激なペースダウンに見舞われ、タイヤを交換するために緊急ピットストップを強いられたのだ(レースはウエット宣言が出されていたためタイヤ交換義務はない)。特に坪井はコース上に留まるのも精一杯なくらいまでグリップが落ちており、一気に下位集団にまで飲み込まれてしまった。

 横浜ゴムのタイヤ製品開発本部 MST 開発部 技術開発2グループのグループリーダーである金子武士氏は次のように語る。

「早いタイミングでタイヤ交換したチームのタイヤをレース後に見ると、そのほとんどでブローのようなものが、特に左リヤタイヤで顕著に出ていました。まるでレースを最後まで走り切った時のようなブローが出ていたんです」

 “ブロー”とは、タイヤに熱が入り過ぎてしまったために表面のゴムが膨れ上がったりしてしまう現象のことで、ブリスターなどとも呼ばれる。これがレース序盤で起きてしまったという訳だ。

 最後までタイヤを持たせることができたドライバーがいる一方で、10周も持たずにピットインを余儀無くされたドライバーもいるという、稀に見る難しいレースとなった鈴鹿戦。彼らの明暗を分けた要因のひとつが、雨量の読み。実はレース中の雨量は徐々に少なくなっていき、路面も次第に乾いていったのだが、坪井を担当する菅沼芳成エンジニアは「僕たちは雨が降る方に寄せ過ぎちゃったと思います」と語っている。

 では、雨が降り続くと予想していたチームはなぜタイヤのブローに見舞われることになったのか? これについては、空気圧が関係していた可能性が高い。金子と同じくMST 開発部 技術開発2グループの田澤一樹はこう語る。

Yokohama Tyre

Yokohama Tyre

Photo by: Masahide Kamio

「ウエットタイヤにはグリップが出る“美味しい”温度領域というのがあり、そこまでタイヤを温めてあげないとグリップしません」

「だから雨量が多い時は、空気圧を高くして蓄熱してあげるんです。雨量が多ければ、タイヤはどんどん冷やされていきますから、まずは蓄熱して、その温度領域に乗せてあげることが大事なんです」

「ただ、雨量が減ってくるとタイヤが冷えなくなるのでオーバーヒートが起きてしまい、中の物質が発泡してゴムが膨れ上がったり、ゴムが飛んでいってしまったりします」

 ましてや、第3戦の舞台となった鈴鹿はタイヤへの負荷が特に大きいサーキットであり、タイヤも発熱しやすい。それに加えてウエットからドライアップしていった路面がそれに拍車をかけ、ウエットタイヤが極めてオーバーヒートしやすい状況が生まれていたのだ。そんな中で、大げさなまでにレコードライン外の濡れた路面を走り、タイヤのクールダウンを終始行なっていた松下信治(B-Max Racing Team)が、タイヤに苦しむライバル達を尻目に優勝を飾ったのも納得といったところだろう。

 
Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 スーパーフォーミュラ第4戦オートポリス、初日フリー走行はフェネストラズが首位。坪井、野尻が続く
次の記事 野尻智紀が3戦連続ポール!|スーパーフォーミュラ第4戦オートポリス:予選結果

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

最新ニュース

キャデラック2号車、ル・マン一時トップも7位フィニッシュ。アレックス・パロウ「ミックスコンディションで苦しんだ」

キャデラック2号車、ル・マン一時トップも7位フィニッシュ。アレックス・パロウ「ミックスコンディションで苦しんだ」

LM24 ル・マン24時間
24 Hours of Le Mans
キャデラック2号車、ル・マン一時トップも7位フィニッシュ。アレックス・パロウ「ミックスコンディションで苦しんだ」
新規F1参戦アウディ、肝いりプロジェクトの命運を分けるのはサインツJr.の選択? 絶対に負けられない戦いがここにもある

新規F1参戦アウディ、肝いりプロジェクトの命運を分けるのはサインツJr.の選択? 絶対に負けられない戦いがここにもある

F1 F1
新規F1参戦アウディ、肝いりプロジェクトの命運を分けるのはサインツJr.の選択? 絶対に負けられない戦いがここにもある
フェラーリ、ル・マン連覇も「勝てるとは思っていなかった」。トヨタと白熱トップ争いを制する

フェラーリ、ル・マン連覇も「勝てるとは思っていなかった」。トヨタと白熱トップ争いを制する

LM24 ル・マン24時間
24 Hours of Le Mans
フェラーリ、ル・マン連覇も「勝てるとは思っていなかった」。トヨタと白熱トップ争いを制する
トヨタ8号車、不運にも泣きル・マンを5位で終える。悔しさを抑えきれないドライバーたち「終盤のアクシデントがなかったら勝てていた」

トヨタ8号車、不運にも泣きル・マンを5位で終える。悔しさを抑えきれないドライバーたち「終盤のアクシデントがなかったら勝てていた」

LM24 ル・マン24時間
24 Hours of Le Mans
トヨタ8号車、不運にも泣きル・マンを5位で終える。悔しさを抑えきれないドライバーたち「終盤のアクシデントがなかったら勝てていた」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本