スーパーフォーミュラ

SF第6戦岡山|チームルマン、欠場のマルケロフに代わり中山雄一を起用

シェア
コメント
SF第6戦岡山|チームルマン、欠場のマルケロフに代わり中山雄一を起用
執筆:
2019/09/24 23:49

FIA F2参戦に伴いスーパーフォーミュラ第6戦岡山を欠場することになったアーテム・マルケロフの代役として、中山雄一がチームルマンの7号車をドライブすることになった。

 全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦するUOMO SUNOCO TEAM LEMANSは、9月28日、29日に岡山国際サーキットで開催される2019シーズンの第6戦に中山雄一を7号車のドライバーとして起用することを発表した。

 本来、チームルマンの7号車はロシア出身のアーテム・マルケロフがドライブしていたが、先日のFIA F2スパ・フランコルシャンラウンドで事故死したアントワーヌ・ユベールが在籍していたBWTアーデンから、残り2ラウンドに出場することが決まった。

 早速、今週末に開催されるロシア・ソチ大会からチームに加わるため、同日程で行われるスーパーフォーミュラ第6戦岡山は欠場となることになった。

 これを受けてUOMO SUNOCO TEAM LEMANSは第6戦岡山で中山雄一を7号車のドライバーとして起用することを明らかにした。

 中山は2013年に全日本F3選手権でシリーズチャンピオンを獲得すると、翌2014年から2016年までKCMGからスーパーフォーミュラに参戦。また昨年はWEC参戦のため欠場となった小林可夢偉の代役として、第5戦もてぎにスポット参戦した。

 またスーパーGTでは今季からGT500クラスにステップアップし、元F1ドライバーのヘイキ・コバライネンと共にDENSO KOBELCO SARD LC500をドライブ。今月上旬に行われた第6戦オートポリスで初優勝を飾った。

次の記事
SF第6戦岡山|予選Q1は組分け、決勝でのピット作業は“10周目から”

前の記事

SF第6戦岡山|予選Q1は組分け、決勝でのピット作業は“10周目から”

次の記事

セナの“伝説のレコード”更新なるか? SF第6戦岡山を「Red Bull TV」で無料配信!

セナの“伝説のレコード”更新なるか? SF第6戦岡山を「Red Bull TV」で無料配信!
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第6戦:岡山
ドライバー 中山 雄一
執筆者 吉田知弘