ゴルフTCRで参戦の脇阪寿一「“もっといいクルマづくり”の勉強になった」

第5戦「富士SUPER TEC」にゴルフTCRで参戦した脇阪寿一は、トヨタが目指す“もっといいクルマづくり”の勉強になったと語った。

 富士スピードウェイで行われた2017スーパー耐久第5戦「富士SUPER TEC」。ST-TCRクラスの#10 Racingline PERFORMANCE GOLF TCRからスポット参戦した脇阪寿一は、有意義なレースウィークだったと語った。

 フォルクスワーゲンのゴルフTCRで今季参戦しているAdenau。基本的にはフィリップ・デベザ、密山祥吾の2人体制でエントリーしているが、今回は10時間耐久レースということで、Cドライバーとして脇阪寿一が加入することになった。

 予選では開幕戦から激しいトップ争いを演じるホンダ シビックTCR、アウディRS3 LMS勢を抑えて見事ポールポジションを獲得。決勝でも、他車がトラブルに見舞われる中、ゴルフTCRは安定して周回を重ね、見事クラス優勝を飾った。

 脇阪も決勝では、中盤にいくつかのスティントを担当。その中でレース前から語っていた「もっといいクルマづくり」のために役立つ要素も、たくさん学んでいた。

 レース後、脇阪に話を聞くと「いやぁ、壊れないね」と、ゴルフTCRの底力に感心していた。

「正直いうと、このクルマとタイヤとのマッチングが、まだあまり良くないところがあるので、本来のコーナリング性能は出せていないかなと思いました」

「でも壊れないですね。終盤はギアの落ち方がダイナミックになって『壊れるかな?』と思いました。ただでさえスプリントを想定して作られたクルマなので、どうなるのかなという部分はありましたが、最後まで壊れずに走りきれました」

 今回“もっといいクルマづくり”のために、フォルクスワーゲンのゴルフTCRをドライブすることで様々なことを勉強したいと語っていた脇阪。10時間という長丁場のレースを通して感じたことがたくさんあったという。

 このTCR車両というのは、市販のレーシングカーとしてヨーロッパで普及し始めている車両。現在では世界的に有名なのはFIA-GT3だが、それよりも安価で、およそ1400~1700万円くらいの価格帯で手に入れられる。そのためコストも抑えられるとして今後世界的に普及して行くのではないかと期待されているカテゴリーの一つだ。

 それらを加味した上で、このマシンがどういう完成度になっているのか。そういった細かい部分を知ることができたという。

「各メーカーで特色があるのかなと感じました。その中でゴルフTCRは、フォルクスワーゲンのWRCからのノウハウが色々詰まっていると思いますけど、クルマのしっかりしているところ、手を抜いているなと思うところがたくさんありました。でも、これがヨーロッパモータースポーツでの“売るスポーツカー”だなと感じました」

「これまでの日本車だと、市販状態からレーシングカーにするのに補強パーツがたくさん必要で金額がどんどん上がっていったのですが、それが(TCR車両だと)こういう形でできているし、その値段で売るためには、こういうふうにしているんだなというのが分かって、そういう意味ではものすごく勉強になりましたし、乗ってよかったです」

「今回こういう形で乗ることによって、チームに貢献できましたし優勝もできました。フィリップ選手は初優勝らしいので、僕も嬉しいですし、いいタイミングでご縁をいただけました」

 また脇阪にとっては、2012年のスーパーGT第2戦で優勝して以来、久しぶりの勝利。また、かつてはライバルとして火花を散らしていた道上龍ら(#97 Modulo CIVIC TCRで参戦)と共にレースができたのも、良い思い出になっていたようだ。

「僕にとっても久々の優勝を経験させてもらえたし、スピード的にも余裕があるクルマで、楽しみながら乗ることができました」

「途中、ほぼ1周くらい道上龍選手と一緒に走って久しぶりに嬉しかったですし、表彰台でも自分が1位に立たせてもらって、3位に伊藤真一選手、中野信治選手、道上選手がいるというのは爽快な気分でしたね」

ST-TCRクラスを制した#10Racingline PERFORMANCE GOLF TCRのトリオ(フィリップ・デベザ/密山祥吾/脇阪寿一)
TOYOTA GAZOO RACINGのレーシングスーツを着てST-TCRクラスの表彰台に上がった脇阪寿一

Photo by: Tomohiro Yoshita

 本来はTOYOTA GAZOO RACINGのアンバサダーである脇阪がトヨタ車以外のマシンに乗ってレースに参戦するというのは非常に珍しいケース。しかし、脇阪自身が常に持っている“モータースポーツをもっと盛り上げたい”という思いと、トヨタが掲げる“もっといいクルマづくり”に役立つ部分があるかもしれないということで、TGR側も快諾。決勝レースでは脇阪もTGRのレーシングスーツで臨んでいた。

「事前にこのレーシングスーツで走るというのは言ってあったんですけど、さすがに表彰台に乗るとどうなのかなと心配していましたが、やっぱりモータースポーツを盛り上げるために、このスーツで出ることに対して、うちのボスは何も怒らないし、逆に喜んでくれると思いました」と語る脇阪。改めて、今回の参戦趣旨を理解し、快諾してくれたTOYOTA GAZOO RACINGに感謝の気持ちを伝えていた。

「実はトヨタの開発の人たちも来ていて、興味津々に見て帰っていったので、それはそれで良かったのかなと思いますし、さっき(レース後)TGRの部長も『おめでとうございます』と来てくれました。これ(メーカーの分け隔てなく取り組むところ)が今のトヨタ自動車ですし、改めていいなと感じました」

「一緒に組んだ密山選手、フィリップ選手、それからアデナウに感謝ですし、今回の参戦を許してくれたTGRにも感謝しています。ものすごく充実した週末でした」

取材・執筆/吉田知弘

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパー耐久
イベント名 第5戦富士Super Tec ”10時間耐久レース”
サーキット 富士スピードウェイ
記事タイプ 速報ニュース