スーパー耐久シリーズ、来季富士大会の24時間レース化計画を発表

富士スピードウェイは、2018年度のスーパー耐久シリーズ富士大会を24時間耐久レースとする計画を発表した。

 富士スピードウェイは、2018年度のスーパー耐久シリーズ富士大会を、24時間耐久レースとする計画を発表した。レース名は「富士SUPER TEC24時間レース」、6 月上旬での開催を目標に調整を進めている。 

 富士スピードウェイは、かねてより耐久レースに力を入れており、10月の世界耐久選手権(WEC)富士6時間レースを始め、スーパーGT 500kmレースやスーパー耐久富士SUPER-TECの長時間化など、数々の耐久レースを開催している。今回のスーパー耐久シリーズの24時間での開催は「耐久の富士」を象徴するレースとして、 また「世界に発信できる日本の耐久レース」として、今後、地元小山町、御殿場市、裾野市と調整を行いながら準備を進めていくという。 

 日程や参加車両規定に関する発表はJAF、スーパー耐久機構(STO)などと協議して決定次第別途行う予定だ。 

富士スピードウェイでの24時間レースは、1967年4月と1968年3月の2回開催されており、
第1回大会は日本初の24時間レースとして細谷四方洋/大坪善男組のトヨタ2000GTが勝利を飾っている。よって50年ぶりに富士スピードウェイに24時間レースが帰ってくることになる。 

 また、それ以降での日本での24時間レースは、スーパー耐久シリーズの一戦として、北海道の十勝スピードウェイで1994年から2008年まで15回開催されており、スーパー耐久シリーズの24時間レースは10年ぶりとなっている。 

 世界の4輪での24時間レースは、「世界3大耐久レース」として、フランスのル・マン、アメリカのデイトナ、ベルギーのスパ・フランコルシャンでのレースが有名だが、近年はドイツのニュルブルクリンクで行われる 24 時間レースも多くの日本人エントラントが参加しており、注目を集めている。いずれの大会も40 年以上続く歴史と伝統のある大会となっており、世界的認知度も高い。よって富士24時間レースが日本開催の耐久レースとして、グローバルに認知されていくことを狙うという。

 STOの桑山事務局長は今回の発表に際し、次のようにコメントを寄せている。

「私たち STO の念願だった 24 時間レースの開催に向けて富士スピードウェイが準備を進めていた だくことになり、たいへん嬉しく思っております。この 24 時間レース実現のために STO としても 全面的に協力させていただき、正式発表を心待ちにしております」

【富士スピードウェイ】

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパー耐久
記事タイプ 速報ニュース