【スーパー耐久】中野信治、初スーパー耐久満喫「本当に楽しかった」

ツインリンクもてぎで開幕した2017スーパー耐久シリーズ第1戦。今回デビューを果たすホンダ CIVIC TCRで参戦した中野信治は、初のS耐を楽しんだようだ。

 ツインリンクもてぎで開幕した2017スーパー耐久シリーズ第1戦。新設されたST-Rクラスでデビューを果たすホンダ CIVIC TCRに乗り込んだ中野信治は、初のスーパー耐久を楽しんだようだ。

 今回、中野は伊藤真一や海老澤紳一とともに#97Modulo CIVIC TCRからエントリー。これまでインディカーなどでツインリンクもてぎでレースをすることは多かった中野だが、ロードコースでレースをするのは約10年ぶりのこと。もちろん、彼にとっては初のスーパー耐久参戦となった。

 マシンが日本に到着したのが直前だったということもあり、事前に十分な走り込みができず、ぶっつけ本番の状態で今週末のレースを迎えることになった。

 決勝では最終スティントを担当した中野は、残り1時間のところで海老澤からバトンを受け取った。#97 CIVIC TCRは一時クラストップに立つなど優勝争いに絡んでいたが、最後は#98 Modulo CIVIC TCRの先行を許し、中野の追い上げも及ばず2位チェッカーとなった。

 優勝目前だっただけに、レース後は少し悔しい表情もみせていた中野だが、初めてのスーパー耐久という点では、充実した週末を過ごしたようだ。

「ロードコースは10年ぶりぐらいでしたが、本当に楽しかったです。プロだけでなく様々なドライバーが出ていて、本当はル・マンが大いなる草レースと言われてましたが、それに近い感覚。みんなが和気あいあいと楽しんでる感じがいいですね」と、中野は語ってくれた。

「ずっとレースに集中してガリガリやってきたので、今回みたいなリラックスしてできるようなレースで楽しめましたし、チャンスをくれたホンダに感謝しています。次も出る予定ですし、今いただけているチャンスを目一杯楽しみたいなと思います」

 また、中野とパートナーを組んだ伊藤はレースを振り返り、「ベストは尽くしたし、開幕なので色々あります。中盤はアウディと競ることができて楽しかったですし、いいレースができたと思います。火曜日に初めて乗って、土曜日に本番でしょ。チームがよくやってくれましたね。さすが童夢さんです。幸先の良いスタートを切れたので、このままワンツーで行って、次はうちら(97号車)が一番を取りたいですね」と第2戦でのリベンジを誓っていた。

 なお2人は、第3戦鈴鹿を除く残り4戦にエントリーする予定。今後も彼の走りから目が離せない。

取材・執筆/吉田知弘

【関連ニュース】

【スーパー耐久】もてぎでシーズンが開幕。注目のST-Rクラスはシビック1-2!

ホンダ山本部長に訊く”ホンダのモータースポーツ活動の役割”

【スーパー耐久】新時代迎えるS耐。本山哲がフェアレディZで参戦決定

”最強自動車決定戦”を目指す『鈴鹿10耐』:モビリティランド社長に訊く

小学生たちからのエールを受けた中野信治。「こういった機会が増えるといい」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパー耐久
イベント名 第1戦もてぎ
サブイベント 土曜日 グループ2決勝
サーキット ツインリンクもてぎ
ドライバー Shinichi Ito , Shinji Nakano
記事タイプ 速報ニュース