【スーパー耐久】新時代迎えるS耐。本山哲がフェアレディZで参戦決定

長きにわたって国内レースを牽引してきた本山哲が、ニッサン・フェアレディZを駆り、スーパー耐久のST-3クラスに参戦することがわかった。

 スーパー耐久が大きな変化を迎える2017年、国内現役トップドライバーの本山哲が、ニッサン・フェアレディZでスーパー耐久のST-3クラスに参戦することが発表された。

 スーパー耐久では、ベースとなった市販車の性能が競技車両の性能に色濃く反映されるため、競技の公平性を保ち競争を成立させるために、細かいクラス分けがなされている。これまで、ST-Xクラスを筆頭にST-1からST-5までの6クラスで争われてきたが、今年はST-RとST-Zクラスが新設された。

 ST-Rクラスは、2015年からスタートしたTCRシリーズの車両により争われるクラスで、2Lターボエンジン搭載のツーリングカーが中心。アウディの新型車両RS3 LMSなどが参戦する。ST-Zクラスは、FIA-GT3車両が争うST-Xクラスのひとつ下、FIA-GT4車両が参戦するクラスとなる。

 ST-3クラスにはトヨタ・マークXで服部尚貴が参戦しており、日本のモータースポーツを牽引してきた本山と服部のバトルが復活することになる。

 ST-Xクラスには片岡龍也がチームを率いて参加。他にも荒聖治がST-1からステップアップしポルシェ911GT3を走らせる他、星野一樹や吉本大樹、野尻智紀らが名を連ねている。サポートレースである86/BRZレースにも、昨年に引き続き脇阪寿一が埼玉トヨペットから参戦するなど、豪華そのものだ。

 開幕戦ツインリンクもてぎでは、全車が同じ土俵で5時間レースを戦っていた。しかし今年は土曜日と日曜日にそれぞれ200分のレースを行い、参加するクラスを分けるという新しい試みが行われる。これにより、同クラス同士のさらなる接戦、混戦が展開されるだろう。

 スーパー耐久に参加する車種のバリエーションもワールドワイドに拡大しており、夢のスーパーカーから身近な国産コンパクトカーまで、実に幅広いクルマが参戦する闘う”モーターショー”だ。

 新しい試みや豪華ドライバーの参加で盛り上がりを見せるスーパー耐久は、4月1日(土)、2日(日)の2017年の開幕戦ツインリンクもてぎで新しい時代を迎えそうだ。

ツインリンクもてぎのスーパー耐久のページはこちら
http://www.twinring.jp/s-taikyu_m/

【関連ニュース】

【FSW50周年】長谷見&星野76年F1を語る「雨が続いていたら勝てた」

【東京オートサロン】新旧IMPULドライバーが集まり”星野一義”を語る

鈴鹿1000kmは今年で最後。来年からは『鈴鹿10時間耐久』として再出発

S耐参戦のル・ボーセモータースポーツ、2017年の参戦体制発表

【スーパーGT】吉本大樹「RC F GT3最大の長所は”信頼性”」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパー耐久
記事タイプ 速報ニュース