F1
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

2019富士24時間レーススタート、序盤からGT-R2台の攻防戦が展開

シェア
コメント
2019富士24時間レーススタート、序盤からGT-R2台の攻防戦が展開
執筆:
2019/06/01 6:54

2019スーパー耐久第3戦「SUPER TEC富士24時間レース」の決勝がスタートした。

 富士スピードウェイでピレリ スーパー耐久シリーズ2019第3戦「SUPER TEC富士24時間レース」の決勝レースがスタート。早くも各クラスで激しいバトルが繰り広げられている。

 一時は分厚い雲に覆われた富士スピードウェイだが、スタート直前には太陽が顔を出し、ドライコンディションで気温22度、路面温度34度の中で決勝レースを迎えた。スタート前にはグリッドウォークが行われたのだが、そこで予選3番グリッドを獲得していた#83 X WORKS Audi R8にトラブルが発生。一度はグリッドについたもののメカニックの手でガレージにマシンが戻された。原因はクラッチからのオイル漏れだったとのことで、マシンのリヤセクションを分解して修復作業が行われた。

 結局、83号車が抜けた状態で15時00分に決勝レースがスタート。ポールポジションの#300 TAIROKU RACING GT-R GT3を先頭に各車が1コーナーに突入していった。直後のコカ・コーラコーナー付近でST-TCRクラスの#65 Phenomen Mars Audi RS3 LMSと#45 BRIN・NAUB RS3 LMSが接触するアクシデントがあったが、それ以外は大きなトラブルもなくレースが進行している。

 なお、83号車はマシンの修復を終えて、開始から23分を経過したところでコースインを果たした。

 総合トップ争いは300号車の本山哲と#1 GTNET GT3 GT-R(星野一樹)の一騎打ちという展開。序盤の数周は2台とも様子を見てか付かず離れずの走りをみせたが、開始から30分を経過したところで、徐々に300号車の本山がリードを広げ始めている。

 後方では、ST-4クラスのトップ争いが白熱。#86 TOM’S SPIRIT 86(坪井翔)、#884 林テレンプSHADE RACING 86(平中克幸)、#310 GR Garage 水戸インター GR86(久保凜太郎)の三つ巴のバトルが白熱した。こちらは開始から30分を過ぎて884号車がトップを快走している。

次の記事
冴えカノレーシングから参戦の荒聖治「鈴木利男さんと組める機会を大切にしたい」

前の記事

冴えカノレーシングから参戦の荒聖治「鈴木利男さんと組める機会を大切にしたい」

次の記事

レース序盤にクラッシュを喫した62号車ルボーセ、山下健太は無事

レース序盤にクラッシュを喫した62号車ルボーセ、山下健太は無事
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパー耐久
イベント 第3戦 富士
サブイベント 土曜日 決勝
執筆者 Tomohiro Yoshita