F1
01 8月
-
04 8月
イベント 進行中 . . .
R
第13戦ベルギーGP
29 8月
-
01 9月
次のセッションまで……
3 days
MotoGP
09 8月
-
11 8月
イベントは終了しました
23 8月
-
25 8月
イベントは終了しました
スーパーGT
R
第5戦:富士
03 8月
-
04 8月
イベントは終了しました
R
第6戦:オートポリス
07 9月
-
08 9月
次のセッションまで……
12 days
スーパーフォーミュラ
17 8月
-
18 8月
イベントは終了しました
28 9月
-
29 9月
次のセッションまで……
33 days

第4戦予選|天候変化を味方につけた244号車RC Fが初PP獲得

シェア
コメント
第4戦予選|天候変化を味方につけた244号車RC Fが初PP獲得
執筆:
2019/07/20 9:39

2019スーパー耐久第4戦オートポリスの公式予選が行われ、#244 Max Racing RC-F GT3が初の総合ポールポジションを獲得した。

 オートポリスで開幕したピレリ スーパー耐久シリーズ2019第4戦。公式予選は途中で雨が降り出すなど波乱の展開となったが、それを味方につけた#244 Max Racing RC-F GT3(田中徹/田中哲也/佐藤公哉)がポールポジションを獲得した。

 前回の富士24時間から、約1ヶ月半のインターバルを経て、早くもシーズン後半戦に突入したスーパー耐久。今回はオートポリスを舞台に全クラス混走の5時間耐久レースのフォーマットで争われる。

 九州地方に接近している台風5号の影響により、朝からどんよりとした曇り空となったオートポリス。時々強い風が吹いていたが、ドライコンディションの中でセッションがスタートした。

 最高峰のST-Xクラスは今回6台がエントリー。そのAドライバー予選で速さをみせたのが、昨年の王者で現在ランキング首位につけている#1 GTNET GT3 GT-Rの浜野彰彦だった。第2戦SUGO、第3戦富士と連勝していることもあり、60kgと重いウエイトハンデを背負いながらも1分50秒783をマークしトップに立った。そこに肉薄したのが244号車の田中徹。0.066秒差に迫る1分50秒849で2番手につけ、好調な走りをみせた。

 Bドライバー予選もGr.2、Gr.1のセッションはドライのままで進行したが、ST-XクラスとST-1クラスの予選時間になったタイミングで、急に雨が降り出した。

 まだ路面が完全にウエットになっていなかったこともあり、各車がスリックタイヤでいち早くタイムを出そうとコースインしていった。しかし瞬く間に土砂降りとなり、スリックタイヤで走行するのは困難な状況になった。

 そこでいち早くウエットタイヤに履き替えたのが244号車。田中哲也が2分00秒975のベストタイムを記録しライバルを圧倒した。

 これで合計タイムで2番手以下に1.4秒もの差をつけ、チーム初ポールポジションを獲得した。2番手には1号車のGT-R、3番手には#83 X WORKS R8がつけた。

 この他、ST-Zクラスは#3 ENDLESS AMG GT4がポールポジションを獲得。開幕3連勝している3号車は決勝のレース結果次第で早くもクラスチャンピオンになる可能性がある。ST-TCRクラスは#75 AZIMUTH CIVIC TCRが今季初ポールポジションを勝ち取った。

 ST-1クラスは#47 D’station Porsche、ST-2クラスが#59 DAMD MOTUL ED WRX STI、ST-3クラスが#14 HIRIX☆YAIMA☆Z34、ST-4クラスは#86 TOM’S SPIRIT 86、ST-5クラスが#88 村上モータースMAZDAロードスターがそれぞれクラスポールポジションを獲得した。

次の記事
D’station Vantage GT3、スーパー耐久第4戦に藤井誠暢を起用

前の記事

D’station Vantage GT3、スーパー耐久第4戦に藤井誠暢を起用

次の記事

244号車の田中哲也、チームの好判断に感謝「タイミングが良かった」

244号車の田中哲也、チームの好判断に感謝「タイミングが良かった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパー耐久
イベント 第4戦オートポリス
サブイベント 公式予選
執筆者 Tomohiro Yoshita