F1
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
1 days
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

スーパー耐久、富士24時間レースに向け2回目の夜間走行テストを実施

シェア
コメント
スーパー耐久、富士24時間レースに向け2回目の夜間走行テストを実施
執筆:
2018/05/08 12:36

6月に開催される富士24時間レースに向け、富士スピードウェイで2回目の公式テストが行われた。

 今シーズンはすでに2戦が終了しているピレリ スーパー耐久シリーズ2018。第3戦の富士24時間に向け、夜間走行を含めた2回目の公式テストが行われた。

 すでに、3月初旬に24時間レースを想定した夜間走行のテストが行われているが、DOME RACINGのホンダ・シビックTCR勢など、前回のテストに参加しなかったチームを中心に合計48台が参加した。

 午前とお昼のセッションまではドライコンディションで行われたが、14時40分から始まった3回目のセッションから雨が降り出しウエットコンディションに。さらに夜間走行が始まる18時30分には霧が発生するなど、悪条件の中でのテストとなった。それでも予定通りにセッションがスタート。富士24時間に参戦予定ドライバーは、それぞれ最低1周は夜間走行を経験しなければならず、特に3月のテストに参加しなかったチームやドライバーたちが、積極的に周回を重ねた。

#99 Y's distraction GTNET GT-R
#99 Y's distraction GTNET GT-R

Photo by: Tomohiro Yoshita

 また3月の段階では、数台にしか装着されていなかった自発光式のゼッケンや、ローノイズサイレンサーを装着してのテストも本格的に行われ、その効果の再チェックも行われた。さらにピットビルをはじめ各コーナーの照明設備も24時間レース仕様のものにアップデートされ、3月のテスト時と比べると、明るくなった印象だ。

 しかし、今回の夜間走行は雨と霧の影響で、コンディションは悪くなって行く一方。セッションの途中から規定をクリアしているチームを中心に走行を終了するチームも多かった。

 それでも、セッション中は赤旗が出ることもなく順調に進み、21時00分にチェッカーフラッグ。総合トップタイムはST-Xクラスの#99 Y’s distraction GTNET GT-Rの1分54秒541だった。

【PR】富士50年ぶり24時間レース今週開催。超豪華ラインナップ出揃う

次の記事
Modulo CIVIC TCRが開幕2連勝! 中野信治「本当に頼もしいチーム」

前の記事

Modulo CIVIC TCRが開幕2連勝! 中野信治「本当に頼もしいチーム」

次の記事

ルマンプロジェクト、”プペル”カラーのシビックで富士24時間に参戦

ルマンプロジェクト、”プペル”カラーのシビックで富士24時間に参戦
コメントを読み込む