F1
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
1 days
MotoGP
02 8月
イベントは終了しました
R
オーストリアGP
13 8月
次のセッションまで……
23 時間
:
07
:
30
スーパーGT
06 8月
イベントは終了しました
22 8月
次のセッションまで……
9 days
スーパーフォーミュラ
20 6月
イベントは終了しました

今週末は“エア”S耐! Twitter上で富士24時間の仮想再現が始まる

シェア
コメント
今週末は“エア”S耐! Twitter上で富士24時間の仮想再現が始まる
執筆:
2020/06/06 23:43

本来、今週末の6月6日〜7日はスーパー耐久 富士24時間レースが行なわれる予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期となってしまった。しかしTwitter上では「エアS耐」が盛り上がりを見せている。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中のモータースポーツの開催スケジュールが変わり、国内レースも規模の大きなレースは7月以降に開催されることとなった。

 そんな中、開幕を待ちわびるファンや関係者らが当初開催される予定だった日程に合わせてTwitter上で過去の写真を使いながらリポートし、レースの様子を仮想再現して楽しむ動きが注目を集めている。

 これまではスーパーGT公式アカウントが中心となって「エアSUPERGT」が当初の開催スケジュールに沿って行なわれ、今ではファンから率先して投稿が始まるなど、ひとつのイベントのような感じで定着し始めている。この流れに乗じて今週末は「エアS耐」の投稿が盛り上がりを見せている。

Read Also:

 今年初めの予定では、6月5日~7日にかけてスーパー耐久の富士24時間レースが開催される予定だった。国内では10年ぶりに2018年に復活を果たした24時間レース。これまで2回開催されてきたが、いずれも現地に多くのファンが観戦に訪れ、盛り上がった。

 2020年に関しては新型コロナウイルスの影響により延期となってしまったが、国内で唯一の24時間レースをTwitter上で仮想再現して楽しもうと、今回も多くのファンが投稿を開始。実際のレースの決勝スタート時刻に合わせて富士スピードウェイ公式アカウントも投稿を始め、盛り上がりを見せている。

 
 

 もちろん、実際のレースと同様に夜になってもレースをやっているかのように投稿が続いており、6月6日20時過ぎには花火の画像や動画の投稿が増え、まるで現在もレースが行なわれているかのような賑わいをみせている。

 
 
 

 当初の予定では6月7日15時にゴールを迎えるのだが、それまで様々な投稿で見られることになりそうだ。

Read Also:

JAFが国内モータースポーツにおける新型コロナ感染対策の基本的なあり方の例を提示

前の記事

JAFが国内モータースポーツにおける新型コロナ感染対策の基本的なあり方の例を提示

次の記事

スーパー耐久が2020改訂カレンダー発表、最終戦は“2021年”1月の鈴鹿に

スーパー耐久が2020改訂カレンダー発表、最終戦は“2021年”1月の鈴鹿に
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパー耐久
執筆者 吉田知弘