トップイベント

スーパー耐久ST-4クラス王者のC.S.I Racing、今季はGRスープラ投入しST-Zクラスにも参戦

C.S.I Racingは、昨年タイトルを獲得したST-4クラスに加え、GRスープラを投入してST-Zクラスにも参戦することとなった。

スーパー耐久ST-4クラス王者のC.S.I Racing、今季はGRスープラ投入しST-Zクラスにも参戦

 トヨタカローラ新茨城株式会社が運営するC.S.I Racingは2月9日に、2021年スーパー耐久シリーズの参戦体制を発表。新規車両としてGRスープラを投入することを明らかにした。

 2019年からスーパー耐久に参戦しているC.S.I Racingは昨年、310号車GR Garage 水戸インター GR86がST-4クラスで5戦中3勝を挙げる活躍を見せ、同クラスのチャンピオンに輝いた。2021年も引き続き86を投入し、ST-4クラス連覇を目指す。

 そしてC.S.I Racingは2021年シーズンから新たにST-Zクラスにも挑戦。GT4車両で争われるST-Zクラスに彼らが持ち込むのは、GRスープラ GT4で、車両名は『FABULOUS GRMI スープラGT4』となる。

 GRGarage 水戸インターGR86は、Aドライバーを坪井翔、Bドライバーを細川慎弥が務める。そしてFABULOUS GRMI スープラGT4は、Aドライバーが鈴木宏和、Bドライバーが久保凜太郎だ。

 チームのプレスリリースには、次のようなコメントが綴られている。

「2019年度からスーパー耐久に参戦をはじめ、2年目には5戦中4回ポール3勝をあ げ、激戦区のST-4クラスでシリーズチャンピオンを獲得致しました。2021年はディフェンディングチャンピオンとしてST-4クラスには86で引き続き参戦致します。また今年デビューするGRスープラGT4を用いて近年参加台数が急増して いるST-Zクラスにも挑戦致します」

「マシンはそれぞれGRGarage 水戸インター店に勤務するスタッフがチーフメカニックとして整備し、優勝を目指します。ご声援のほど、宜しくお願い致します!」

 なお、体制に関するその他の詳細に関しては、2月下旬に改めて発表があるようだ。

 

Read Also:

シェア
コメント
D'station Racing、2021年はWECに加えスーパー耐久にも体制を継続し参戦

前の記事

D'station Racing、2021年はWECに加えスーパー耐久にも体制を継続し参戦

次の記事

KTMカーズジャパン、S耐久ST-1クラスへの参戦を発表。”日本に1台”のKTM X-BOW GTX使用

KTMカーズジャパン、S耐久ST-1クラスへの参戦を発表。”日本に1台”のKTM X-BOW GTX使用
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパー耐久