F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

アストンマーティンに変更したD’station Racing、代表の星野敏が理由を語る

シェア
コメント
アストンマーティンに変更したD’station Racing、代表の星野敏が理由を語る
執筆:
2019/03/24 0:48

2019スーパー耐久の開幕戦鈴鹿。アストンマーティン ヴァンテージGT3にマシンを変更したD’station RacingはST-Xクラス予選2番手につけた。

 2019シーズンはアストンマーティンの新型ヴァンテージGT3でスーパー耐久(ST-Xクラス)に参戦するD’station Racing。チームオーナーでありS耐ではドライバーも務める星野敏が、マシンスイッチの理由を語った。

 D’station Racingといえばレースでは必ずと言っていいほどポルシェのマシンを使用しているというイメージだった。星野によると日本のレースでさらなる結果を求めていく中で、ターボエンジン特有のトルクが欲しかったという。

「アストンマーティンが新型のヴァンテージでGT3車両を出す……しかも4リッターのツインターボエンジンで出るという話を聞いて興味を持ちました」

「ポルシェの良さは十分知っていますが、スーパーGTもそうですし日本のレースを戦ってきて、日本の気候を考えると、暑い時に(N/Aエンジンのポルシェだと)差がついてしまいます」

「そこの部分で、昨年は消化不良というかストレスが溜まっていたところがあったので、フェラーリや日産GT-Rのようにターボ車で低い回転から発揮されるトルクに憧れていた部分がありました」

「そう考えた時に、マシンを変えるのであれば新型にしたいなということで、アストンマーティンにしました」

 こうして今年はスーパーGTではアストンマーティンレーシング(AMR)とオフィシャルパートナー契約を結び、「D’station Racing AMR」として参戦。星野自身がステアリングを握るスーパー耐久でもヴァンテージ GT3を導入することになった。

 アストンマーティンの車両でレースをするのは、実は星野にとっても憧れだったとのこと。「自分自身アストンマーティンというブランドに純粋な憧れがあって、いつかは(レースで)乗りたいなと思っていました」と笑顔をみせた。

 スーパー耐久ではAMRのワークスドライバーで、ル・マン24時間でも3度クラス優勝を飾った経験を持つダレン・ターナーをBドライバーとして抜擢。このヴァンテージGT3の開発にも携わっていただけに、予選や決勝に向けたセットアップも良い方向に進んだと星野は語った。

「(ダレン・ターナー選手の加入は)すごく大きいです。やっぱり、このクルマをゼロから開発した人ですから、全てを熟知しています。セッティングはほぼ完璧で、全部知っているという感じです」

「今回も鈴鹿を走るのは初めてでしたけど、全然速いですからね。プラクティスはトップタイムでした」

「実は金曜日まではオーバー(ステア)で高速コーナーが辛かったんですけど、ターナー選手がセッティングをし直して、すごく横の剛性が強くなって乗りやすくなりました。予選でもGT-Rが速いなというのはわかっていましたが、その中でも2分01秒台が出ると思っていなかったので良かったです」

 決勝ではフロントロウからスタートできるということで、優勝のチャンスもある。星野は決勝でも強さを発揮できるマシンであってほしいと、新型ヴァンテージGT3に期待を寄せていた。

「レースでも強さを発揮できるクルマであることを期待します。ポルシェは予選こそ遅かったけどレースではブレーキやエンジンへの負担、さらに燃費面を含め非常に強かったです」

「確かにターボ車なのでトルクがある分、燃費は悪いと思いますが、その辺は未知数な部分ですが、アストンマーティンがどれくらいポテンシャルがあるのか楽しみです」

次の記事
全車ノーウエイトの予選で王者の底力発揮! 星野一樹「決勝に向け自信につながる予選だった」

前の記事

全車ノーウエイトの予選で王者の底力発揮! 星野一樹「決勝に向け自信につながる予選だった」

次の記事

AMRワークスのダレン・ターナーがS耐に初挑戦「新型ヴァンテージGT3で鈴鹿を走れて光栄だ!」

AMRワークスのダレン・ターナーがS耐に初挑戦「新型ヴァンテージGT3で鈴鹿を走れて光栄だ!」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパー耐久
イベント 第1戦 鈴鹿
執筆者 Tomohiro Yoshita