F1
02 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
09 7月
-
12 7月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
25 6月
-
28 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
スーパーGT
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
Canceled
11 7月
-
12 7月
Canceled
スーパーフォーミュラ
20 6月
-
21 6月
イベントは終了しました
R
29 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
50 days

KTM X-BOW GT4、日本初導入! スーパー耐久ST-Zクラスに全戦参戦

シェア
コメント
KTM X-BOW GT4、日本初導入! スーパー耐久ST-Zクラスに全戦参戦
2019/01/07 2:08

KTM カーズジャパンは、KTM X-BOW GT4を日本に初導入し、2019年のスーパー耐久シリーズ ST-Z(GT4)クラスに全戦参戦することを発表した。

「KTM カーズジャパン」としてKTM X-BOWの正規輸入販売を行っているエスシーアイ株式会社は、2019年にKTM X-BOW GT4を日本に初導入し、「ケーズフロンティア SYNTIUM KTM」としてスーパー耐久シリーズ ST-Z(GT4)クラスに全戦参戦することを発表した。

 オフロードバイクメーカーとして有名なKTMだが、多くのメーカーと共同開発したライトウェイトスポーツカーのX-BOWを生み出すと、想定以上の受注で生産工場を新設するなど人気を博している。

 中でもX-BOW GT4は世界的に盛り上がりつつあるFIA-GT4規格のマシン。2017年に発表されたこのモデルは、バサースト12時間レースでクラス3位を獲得するなど、高いポテンシャルを持っている。

 ケーズフロンティア SYNTIUM KTMは、ドライバーに実績のある飯田太陽、加藤寛規、高橋一穂、濱口弘の4名を起用。メンテナンスを株式会社 童夢が行うという体制で、シリーズチャンピオン獲得を目指すとしている。

 日本で新たな挑戦をスタートさせるKTM。その活躍に注目だ。

次の記事
S耐チャンピオン獲得の舞台裏:“嫌われ役”星野一樹の愛弟子への想い

前の記事

S耐チャンピオン獲得の舞台裏:“嫌われ役”星野一樹の愛弟子への想い

次の記事

S耐がシリーズ表彰式を開催、新たに“クラシックチャレンジ”立ち上げを表明

S耐がシリーズ表彰式を開催、新たに“クラシックチャレンジ”立ち上げを表明
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパー耐久