中野信治、今季もS耐フル参戦。Modulo Racing with DOMEが体制発表

シェア
コメント
中野信治、今季もS耐フル参戦。Modulo Racing with DOMEが体制発表
2019/03/13 7:04

昨年、スーパー耐久のST-TCRクラスでシリーズチャンピオンに輝いたModulo Racing with DOMEが2019シーズンの参戦体制を発表。昨年クラス王者に貢献した中野信治が今年もフル参戦する。

 昨年もシビックTCRで戦い他を圧倒するパフォーマンスを披露。その中でも97号車は安定した結果を出し続けシリーズ第5戦でクラス王者に輝いた。

 今季のDOMEは#97 Modulo CIVIC TCRの1台体制で参戦。ドライバーは昨年同様にAドライバーが植松忠雄、Bドライバーは中野信治が務める。今年スーパーGT、スーパーフォーミュラではTEAM MUGENの監督を務める他、新生SRS-F、SRS-Kの副校長も務める中野。忙しいシーズンになるが、引き続き彼のレーシングドライバーとして活躍するシーンが、このスーパー耐久で観られることになる。

 さらに大津弘樹はDドライバーとして引き続きチームをサポート。そして遠藤光博が新たにCドライバーとして加入することになった。

 またチーム監督として彦田訓昌氏が新たに就任。新体制でシビックTCRのクラス3連覇に臨む。

次の記事
D’station Racing、S耐にもヴァンテージGT3を投入。序盤2レースはダレン・ターナーが参戦

前の記事

D’station Racing、S耐にもヴァンテージGT3を投入。序盤2レースはダレン・ターナーが参戦

次の記事

マクラーレン・カスタマー・レーシング・ジャパン、今季のスーパー耐久参戦は見送り

マクラーレン・カスタマー・レーシング・ジャパン、今季のスーパー耐久参戦は見送り
Load comments

この記事について

シリーズ スーパー耐久
Be first to get
breaking news