トップイベント
F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
52 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
59 days

ROOKIE RACING、2020年はGRスープラ&GRヤリスの“豪華2台体制”

シェア
コメント
ROOKIE RACING、2020年はGRスープラ&GRヤリスの“豪華2台体制”
執筆:
2020/01/12 7:14

スーパー耐久に参戦するROOKIE RACINGが2020年の参戦体制を明らかにし、ST-1クラスとST-2クラスで戦うこととなった。

 2019年のスーパー耐久ST-4クラスに参戦したROOKIE RACING。『MORIZO』ことトヨタ自動車の豊田章男社長もドライバーとしてエントリーするなど話題の多いチームだったが、2020年は体制を強化しGRスープラとGRヤリスの2台体制で参戦することが明らかとなった。

 1月10日にTGRブースで行なわれたプレスカンファレンスでアンヴェールされた2台のROOKIE RACINGのマシン。昨年参戦していたトヨタ86(ST-4クラス)の車両と比べると黄色と青がメインとなったカラーリングが印象的だ。

 GRスープラは3501cc以上のマシンがエントリーできるST-1クラス用の車両で、GRヤリスは2001cc~3500ccまでの4輪駆動・前輪駆動の車両が参戦できるST-2クラスにエントリーするとのことだ。

 なお、ドライバーラインアップも豪華になる予定。シーズンを通して変更ができないAドライバーについては両車とも決定しており、GRスープラが蒲生尚弥、GRヤリスには井口卓人が務める。その他については年間を通してドライバーを固定するのではなく、各大会ごとにシャッフルをしていくとのこと。富士24時間レースでは大嶋和也と石浦宏明も助っ人ドライバーとして加わる予定だ。

 参戦2年目となるROOKIE RACINGが2020年はどのような活躍を見せるのか、目が離せない。

Read Also:

次の記事
埼玉トヨペットGB、2020年は“GRスープラ”投入。新たに川合孝汰が加入

前の記事

埼玉トヨペットGB、2020年は“GRスープラ”投入。新たに川合孝汰が加入

次の記事

S耐|最終戦岡山のスケジュールが変更、他カテゴリーとの日程重複を考慮

S耐|最終戦岡山のスケジュールが変更、他カテゴリーとの日程重複を考慮
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパー耐久
執筆者 吉田知弘